シャレコレター・バックナンバー

マスクシミ、予防の方法は?のお話です。

先日、皮膚科のドクターと話する機会があって、こんなお話を聞きました。

日焼け止めは今や定番なので、ほとんどの女性はつけているそうです。

ところが、最近はさらに日に焼けたくないからと
マスクをその上からする人がいるらしく、

どうも、マスクが肌に当たるところが黒ずんでいたり、
シミになっている方が増えているそうです。

「マスクシミ」になってしまう…。

紫外線でシミができるのと、摩擦でシミができるのは、
紙一重ということのような気がしました。

まだ、ガーゼマスクとかだと良いかと思いますが、
不織布マスクはザラザラとした肌触りのものも多く、
特に摩擦が起こりやすいと思われます。

長時間のマスクの使用だと、肌がふやけてしまって
傷つきやすい状態になるとも言われています。

マスクの役割は、雑菌を通さないことです。
ということは、外出時に雑菌をたくさんつけているとも言えますよね~。

それを、外出先から帰っても家でずっとつけていると、
マスクに雑菌がたくさんついたままの状態になっています。

それが肌荒れにつながるとも考えられています。

これからは、花粉の季節になっていきますので、
マスクの使い方を上手にすることと、

スキンケアをする際に、擦れやすい部分にはSPクリームをつけて、
皮膚がめくれにくくなるようにガードし、

日中、乾燥してきたなーと思ったら、マスクが擦れやすいところには、
レスキュークリームをつけるようにしてみてください。

レスキュークリームは、メイクの上からでもトントンと薄くつけて
保護するようにされると、刺激が和らぎシミにならずに済むと思います。

★SPクリーム

http://mshn.jp/r/?id=0t2zp1&sid=1142

★レスキュークリーム

http://mshn.jp/r/?id=0t2zq1&sid=1142

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

          シャレコ