シャレコレター・バックナンバー

紫外線よりも気になる?!近赤外線のお話です。

近赤外線の方が、紫外線よりも気になる!

というお声を最近よくお聞きするようになりました。
この「近赤外線」というのは、紫外線よりも降り注ぐ量が多く、
さらに近赤外線は波長が非常に長いため、

紫外線と比べると透過力も強く、肌の深層部(筋肉)まで到達し、
たるみやシワといった老化現象の原因となるということなのです。

また、海外の論文等では日光湿疹などの赤く細かいブツブツなども
近赤外線の影響によるものではないか?とも考えられています。

そのため、通常のUVカットでは防げないということで、
最近では近赤外線を予防できる処方の日焼け止めの開発や販売をされるようになりました。

私も近赤外線対策のUVカット剤の処方については、
以前から取り組んでいますが、まだ処方の確定はしていません。

一説によると「抗酸化作用のある成分」が有効であるとも一部では言われており、
UVカット剤に対策せずとも、スキンケアのベースの時点で
抗酸化作用成分の入った化粧品でケアすればいいとも言われています。

その点では、シャレコの基礎アイテムも、抗酸化作用(アスコルビル酸Na、トコフェロールなど)
のある成分は入っているので、近赤外線対策にもなるのではないかと思います。

また、今回販売を開始した(2017年8月)アクティブプラスファンデーションは、
アスリート向けの開発がスタートだったので、

運動による活性酸素による老化スピードが速くなるため、
抗酸化作用成分も意識して処方してありました。

抗酸化作用がビタミンCの約340倍と言われる「ピクノジェノール」や、
活性酸素を消去すると考えられている「アスタキサンチン」など

エイジング対策成分もたっぷり配合してあるので、
近赤外線対策にはなるのではないかと思われます。

ただ、いつもお話するとおり、成分の作用というのは
ビタミンCの約340倍となった「ピクノジェノール」の成分が入っているからと言って

効果が340倍になるワケではなく、
化粧品やメイク品の配合成分は、配合する成分の組合せや相性が重要なんですね。

★アクティブプラスファンデーションはこちらをご参考ください。

https://www.shareco.co.jp/product/uvmake/activeplusfoundation/

話がそれてしまいましたが、紫外線よりも怖いと考えられる
近赤外線もまだまだ未知な部分がたくさんあり、

その対処方法も研究段階のようですので、現段階ではコレ!
ということは言えない状況なのかなと思っています。

必要以上に怖がる必要はないかと思いますが、対処できるものは対処したいので、
引き続き、海外の皮膚の学会論文などもいろいろ調べてみようと思います。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

       シャレコ

シャレコレター・バックナンバー

レスキュークリーム出動!のお話です。

すっかり秋の涼しさになってきましたが、
また時折夏の暑さが戻るという噂があり油断できません。

夏と言えば、今年は猛暑というほどではなかったにも関わらず
「思った以上に肌が焼けてしまった!」どうしたらいいですか?
という肌相談がLINE@からたくさん入りました。

日焼けには、
すごく、焼けた時は【とにかくしっかり冷やしてください。】
とご案内しています。
冷やさずに何かつけても、成果が出にくいですし、ヒリヒリが続くことがあります。

そこからどう対処するかになりますが、

夏休み前にメンバーさまから、レスキュークリーム出動!
のお話を頂きましたのでご紹介しますね。

「夫が釣りに行ってすごい日焼けして帰って来ました。
とにかく、クリームを貸して欲しいと言われたので、
そうだ!レスキュークリームっていうから、
日焼けにもいいのかも?と思い渡しました。
すると、その日の晩にはあれほどひどかった赤味がなくなり、
本当にレスキュークリームがあってよかったです。」

というお話や

この♪シャレコレターの内面ケアのコラムを寄せてくださっている中医学の西川先生からは、

「レスキュークリーム、冬以上に重宝してます!
日焼けしそうな時、大量に汗をかくとわかっている時、
あらかじめ塗っておき、ダメージを受けた後の夜にも塗っておくと、
お肌へのダメージが少なく、すぐに回復します。
以前は、数日間は赤く火照ってましたが、
レスキュークリームを使ってからは翌日には赤み火照りが消えます。
レスキュークリームの大ファンになりました。」

というお声を頂きました。

レスキュークリームは、日焼けにもすごく効果的だということなんですね。

つける順番の理想は、シャレコローション→シャレコクリーム→レスキュークリームです。

ただ、焼けて赤味がひどい場合でしたら、
水分を与えるとしみてしまうことがありますので、
その場合はレスキュークリームだけでもいいですよ。

予防を兼ねて、アウトドアに行く日の朝はレスキュークリームを
プラスしてスキンケアをしてから日焼け止め、メイクをするといいですね。

秋の行楽にも、ウッカリ日焼けの予防にぜひ「レスキュークリーム」も活用ください。

http://mshn.jp/r/?id=0swfh1&sid=1142

どうぞ、ご参考くださいね。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

       シャレコ