シャレコレター・バックナンバー

「泉の貯水」

今日は”泉の貯水”についてお話しましょう。

「最近肌のハリがなくなってきた」とか、「たくさんクリーム、乳液、美容液、オイルなどで保湿しでもカサつきが治まらず、何をやっても追いつかない」ということはありませんか?

このような肌のコンディションの状況は、肌そのものの機能が低下していると起こってしまいます。カサついたりハリがなくなってくると「何かをつければ治まるはず」と思うのが当たり前。

でも、つけて治まる、ハリが出てくるのは、カサつきや弾力が失いかけた早い時期にだけ効果的であって、時間が経ってしまったものには、肌の根本から鍛えるケアが必要になってくるのです。

━━━━━━━
◆泉の貯水
―――――――

泉の貯水のケアのポイントは3つと

1.肌の力を目覚めさせ、活性化させること
2.水を湧かせること
3.肌の貯水タンクを強化すること

┌──────────────
│肌の力を目覚めさせるには…
└─

私たちの皮膚はちょっとしたストレス(睡眠不足、喫煙、精神的疲労など)によって肌の細胞活性機能が低下してしまうことがあります。

私は冷え性で血液の流れが悪く、足がむくみやすかったり、肩こりがひどかったりします。すると肌の調子も低迷してしまうこともしばしばあります。

血液の流れが悪くなったり、リンパの流れが悪くなると、肌の新陳代謝も悪くなるので、体の中で作られ皮膚に行き渡るはずの”潤い”がすみずみまで行かなくなってしまうのです。

★そこで大切なのが、血行促進を高めるケアで肌に力をみなぎらせることです。

┌──────────────
│水を湧かせること
└─

肌の潤いを保つ成分は自分の体の中から生み出されています。それは、真皮層という所で維持されています。

この真皮層が元気でないと肌の生まれ変わることも、潤いを保つことも難しくなるのです。真皮層の基盤がきちんと整えば、自然に水分を保持できる肌になってきますよ。

★血行促進作用と抗酸化作用のダブルケアで、肌の内側から潤いが湧き上がる肌が出来てきます。

┌──────────────
│肌タンクを強化すること
└─

コラーゲンとヒアルロン酸、良く聞く言葉ですね。これらの成分は肌のハリや弾力を支える上で欠かせないもの。

肌の真皮層に潤いを貯めるには、これらを補うことがコラーゲンの合成を促進し、真皮再生のお手伝いをしてくれます。

そして、私が最も重要と考えて取り組んでいるのが「アミノ酸」。

お肌の水分を保つ天然のうるおい成分NMF(天然保湿因子)は、約40%が「アミノ酸」からできてるからです。

NMFは、アミノ酸・40%、PCA-Na・12%、乳酸塩・12%、尿素・7%、ヒアルロン酸・0.5?1%、その他で構成されていると言われています。

「小じわ」「カサつき」「粉ふき」「くすみ」「張りがない」「たるみ」などの肌のトラブルは、NMF(アミノ酸)が不足し、乾燥することによって起こります。お肌とアミノ酸は、きっても切れない深く大切な関係があるんですよ。

★コラーゲンとヒアルロン酸、そして「アミノ酸」成分の入った美容液を日々のお手入れに加えて、潤い強化をしていきましょう。

ここで大切なことをひとつ!!
いくらこの3つのポイントの「泉の貯水」や前回お知らせした「雨の貯水」を実行した所で、洗顔料やメイク落としの選択ミスや使い方を間違っていては、これらの情報のとおり行ってもほとんど意味をなしません。

カサつき、ハリの低下の根本的な原因は、「洗顔」にあるからなのです。根本原因を取り除かなければ、どんな対処方法を行っても残念ながら効果はあがらないんですよ。

シャレコレター・バックナンバー

これは意外!!ニキビの原因

毎日、いろいろなニキビ相談を受けているのですが、原因がわからない
ニキビにお悩みの方がいらっしゃいました。

 

スキンケアにおいての主な大人ニキビの原因は・・・

 1.洗顔のしすぎ  2.湯温の高すぎ  3.泡の塗布時間が長すぎ
 4.すすぎの回数が多すぎ  5.アルコール入り化粧水 
 6.保湿アイテムのチョイスミス(乳液・油分多めのクリーム)
 7.過度のピーリング 8. 保湿の高いシャンプーやコンディショナー
 9.油性リキッドファンデの使用   10.コンシーラの使用
 11. 鉱物油や刺激性の強い成分を含む化粧品 

それ以外では、

 

 1.ストレス・環境の変化  2.不規則な生活
 3.睡眠不足  4.便秘  5.ホルモンのバランスの乱れ
 6.肌の水分不足による、角質層のバリア機能の低下
 7.脂っぽいものや甘い物 8.糖分の多い食事 9.刺激の多い食品
 10. 化学物質を多く含む水道水 11.運動不足 12.血行不良
 13. 婦人科疾患 

 が一般的に言われていますよね。

 

さらに、シャレコでは前回のシャレコレターでお伝えした
「銀歯など、歯の詰め物」だったりということもありました。

 

 
 ♪バックナンバーはこちら
 
   http://shareco.bshonin.com/14977/?id=0

 

 
ところがこの方の場合、すごくニキビに関して勉強されているので、
かなりいい線でスキンケアもよくできているし、生活習慣も改善され
ていたのです。

 

それなのに目の下、鼻の頭から頬にかけてポツポツと赤いブツブツが
繰り返し出ていました。

 

ニキビや吹き出物と湿疹は、見分けがつきにくいところがあって、
一般的には湿疹とは思わずに、ニキビや吹き出物と勘違いして
しまうことがあります。

 

私が、ニキビができるタイミングや出来始めたときのヒアリングを
何度か進めていたときに、ビューラーを新しく変えていたことを知り、
その使用をストップしたところ、どんなケアしても消えなかった赤い
ブツブツが見事になくなっていったのです。

 

金属アレルギーがあるのがわかったので、「ビューラー」の金属と結び
ついて氣づいたのですが、まさかと思う出来事でした。

このようなケースはそんなに多くはないですが、時々あります。

というように、意外なことがニキビの原因として潜んでいるという
ことをお伝えしたかったのです。

シャレコレター・バックナンバー

えっ、まさか歯の詰め物でニキビ、アトピーが・・・

重金属がどう人体に影響を及ぼすかというお話はご存知でしたか?

 

私はその道の専門ではないのですが、ほんの少し学んだことだけですが
ご参考になればと思います。

 

いろいろな原因で発症するアレルギー反応ですが、特にアレルギー性
皮膚炎(アトピー性皮膚炎)や気管支喘息、さらに花粉症というような
アレルギーが原因と思われる疾患が年々増え続けています。

心配なのは、それが大人だけではなく、子供たちにも広がっていること
なのです。

その原因と考えられていることは

 ・食文化の変化(脂っこい食事の増加、甘いものやスナック菓子など)

 ・環境汚染(自動車の排気ガスの増加、喫煙者からの副流煙など)

 

の主に二つです。

しかし、意外なケースですが「歯の金属による治療物」も原因と挙げ
られるようなのです。

歯の治療のために使用した金属の詰め物ですが、治療後何年か過ぎると
少しずつ溶け始めてしまい、唾液から血液中に入って行くと考えられて
います。

 
また、一説によると電気分解されたこれらの溶け込んだ金属は血液に
乗って流れるのですが、首や耳の付け根、肘、膝、足首などの曲げたり
伸ばしたりする箇所とか、血液が届きにくい手先とか足先の血管にくっつ
くいてしまい、それを異物と勘違いした白血球が攻撃を始めると、アレル
ギー反応になってしまうとも言われています。
 
   
血液を伝っていくものですから、血液から胎盤に入っていく可能性もある
という話です。(私は金属の詰め物だらけなので、もしや?と思いました。

→というのが娘はひどい乳児湿疹にアトピー、息子は小児喘息にかかって
現在も治療中だからです)

 
☆娘の乳児湿疹のケアの記録ページがこちらにあります。
            ┏━━━┓
            ┃コチラ┃
            ┗┻┻┫┃
               ┃┃
               ┗┛ 
     http://www.shareco.co.jp/baby2.htm

余談ですが、このような状態の娘の肌を見て、自分の仕事は因果な
お仕事なのかも知れないな?と思ったと同時に、これは私への何か
道を切り拓くためのテーマなのだ!と思ったんですね。

こう言った経験も積ませて頂いて、今日があります。本当にこの
ような出来事のお陰で、同じような赤ちゃんの肌トラブルに悩んで
いらっしゃるお母様たちのお役に立てるようになり、心から感謝して
います。
 

話は戻りますが、私の右上の歯近くの歯茎の一箇所に緑色に変色して
いる部分があります。

以前、歯医者で聞いたら「銀歯の色が出て染みてしまったのでしょう」と
言われたことがあり、諦めていましたが、それがこういった私自身の
肌あれや肌の乾燥、アトピーと結びつくと考えも及んでいませんでした。

この銀歯がある日取れてしまったので、たまたま別の歯医者で白い
タイプのものにつめてもらっていましたが、今こうして鏡でまじまじと
数年ぶりに見てみたら、あの緑色の沈着が薄くなっていました。
そこで、このメルマガを書きながら妙に納得した次第です。

なかなか治らないニキビの原因をたどっていくと、歯の詰め物による
アレルギーから乾燥が引き起こり、ニキビ発生につながっていることも
予想されます。

シャレコスタッフの弟の幸一の知人の歯科医の方も、金属の詰め物を
変えたり、咬み合わせを治し、肩こり、体の歪み、生理不順などを治す
専門の先生がいらっしゃいます。

やはり歯の詰め物と体や肌の不調は、どうやら関連が深そうですね。