シャレコレター・バックナンバー

あなたの手は何歳くらいに見えますか?

今日は「手荒れ」についてです。

冬は手荒れどころじゃなくて、ヒビきれてクリームが欠かせないということはないですか?

これは、洗顔にも通じることなんですが、外気温が低いので当然、食器洗いする時の温度も高くしてしまいますよね。

もちろん、油っこいものなんか落とすには熱いお湯の方が良いのですが、肌は悲鳴をあげてしまいます。

そこで、手荒れに悩んでいる方々はいろいろな工夫をされています。

1.油ものは新聞紙で油分を拭きとってから洗う。

シャレコも昔お習字習っていた時に書いた数々の作品は、この油取りに使われていました。

2.ナイロンの毛糸で編んだ自家製のスポンジだと汚れが良く落ちるので、中性洗剤を使わずにそれを使用する。

油ものでなければ、これで十分ですね。

3.水洗いで十分なものと、中性洗剤をつけないと落ちないものとを分けて洗う。

おそばなど油を使わない料理しかない時は、すすぎ洗いだけにするなど、工夫するといいかも知れませんね。これって、体にも良いことですよね。
中性洗剤を使って洗ったお皿をいくらすすいでもすすぎきれない洗剤を微量だけど毎日食事と一緒に食べているって専門家の人も言っていますよね。

4.医療用・食品工場などで使われるビニール製の手袋をして洗う。

ゴム製に比べて、カブレの心配が低いようです。滑りやすいので気をつけて洗わないといけないので、ちょっと難しいようです。

5.ゴム手袋を直接つけると、アレルギー反応を起こすこともあるので、薄手の綿の手袋(運転手の方がなさっているような)をしてから、ゴム手袋をつけて洗う。

6.コメぬかで洗う。中性洗剤を薄めて使う。

など、いろいろです。

もし、こんな方法でケアしていますということがありましたら、みなさんにもお伝えしたいので、どうぞシャレコまで教えて下さい。

support@shareco.co.jp 

と、話がそれてしまいましたが、一番知りたいのが手荒れしてしまった時のケアの方法ですよね。

<シャレコがオススメして成果が出ている方法>

1.日々のスキンケアの時、手のひらに残った化粧水やクリームを必ず手の指先、乾燥している箇所にかならずつけるようにする。

2.カサカサ部分にシャレコローションで化粧水パックをする。
カサカサ部分には低刺激性の化粧水(特に消炎作用のある成分が乾燥を和らげます)をティッシュに湿らせ、クルクルと巻きつけて、乾き始めたらはずします。

3.シャレコクリームでパックします。
入浴時、手を洗い水気を拭いてから、クリーム(細胞を賦活させる成分入りなので効果的)を乾燥している部分につけて、前もって
手のサイズに切っておいたラップでグルグル巻きにして湯船で半身浴します。(半身浴でなくても、しっかり暖まれば大丈夫)

4.  それでもなかなか治らないときは、植物性オイルとクリームの合わせ技で、タップリめにつけて手袋(ミトン型)または薄い綿の手袋をして寝ます。

5.水仕事の前、後には必ずシャレコクリームをつけるようにします。

毎年ハンドクリームを使っても、今まで薬を使っても良くならなかった手荒れが知らないうちに治ってしまったというケースもありました。

顔のお手入れをしながら、手荒れの予防までできるのは嬉しいですね。

突然ですが、年齢って手に出ますよねー。私の知人で年齢は50歳を過ぎていらっしゃるのに、手はどう見ても30代の人がいます。

その方は、化粧室に行って手を洗う都度、手のケアを忘れたことがありません。

それもクリームではなく、化粧水+美容液なんです。
わー、勿体ない。って思っていたんですが、そこに秘訣があったんですね。手の甲は顔と同じでいつも紫外線に当たっているので、一般のクリームのような油性のものだけですとその上に粉などつけるわけもなく、シミの原因にもなってしまうんですね。

そう、化粧水と美容液なら潤いはキープできるし、シミにもならない有効な方法だったんです。

(シャレコクリームはその点でも安心。水溶性で出来ているので紫外線に当たってもシミになりにくいのです)

手のシミってかなり気になるみたいですね。手のシミが気になるから大きな指輪をはめているという話を良く聞きます。

また、シャレコのクリームやエッセンスはそれぞれが、代謝を活性化させる成分も配合されていますので、シミになりにくい肌づくりも出来ますよ。

シャレコレター・バックナンバー

「抗菌グッズ」

02f40cb531478466395b35fa3cf59dfb_s

突然ですが、O-157の予防法というと

1.生野菜などはよく洗い、食肉は中心部まで十分加熱してから食べるようにすること。

2.調理器具の消毒。

3.調理や食事前に手洗いをする。

4.水道の配管の点検・掃除。

などがありますが、普段の「手洗い」に消毒の意味を込めて薬用などの石鹸を使っているというお話しをよく聞きます。

私もむかーし調理場でボランティアの仕事をしていた時に、ふきんを薬用石鹸で一生懸命洗っていた記憶がありますが、たった1週間で手が荒れちゃって大変だったことを覚えています。

もともと皮膚には存在する細菌がいて、無菌状態ではないですよね。
これを常在菌といい、それなりの働きをしていて害がおこることはありません。

その状態の皮膚に、病気をおこす菌(病源性微生物)から汚染されることがあるそうです。

その場合、この病源性微生物は洗い落とさなければなりませんが、あまり強力な洗剤消毒剤で洗うと、正常な常在菌もいなくなってしまうとのこと。

すると、思わぬ害もでてきます。そう、皮膚炎などのトラブルです。

つい消毒となると「薬用石鹸」となってしまうのですが、手洗いには普通の石鹸で十分だということなんだそうですよ。

2a8564c0baf8fb401afe72951b3c862a_s

以前、ベトナムに詳しい方が言っていました。
日本人は抗菌、殺菌という言葉に敏感に反応することになってから、

原因がつかみにくい皮膚炎のようなものが多く出るようになってきたと思うよ。

家もピカピカ、手もしっかり洗い、ハエ一匹飛ばないような生活環境なのに、なぜか皮膚炎で悩んでいて、ハウスダスト、ダニ、アレルギーのもとはたくさんあって…。

ベトナムではハエもいっぱい飛んでいるし、けっしてキレイなもんではないけれど、日本で起こっているような皮膚炎は見かけられないんだよねーと…。

何かで検証した情報ではないにせよ、このお話しを聞いたとき、なんとなく日本人はキレイ好きが転じて要らない病気を引き起こしているんじゃないか?なんて不安に思ったものです。

よくコスメの投稿サイト情報で、ニキビにはこの「薬用石鹸」が良いというような内容を見かけることがあります。確かに、ニキビ桿菌も死滅すればニキビのトラブルもできにくくなるでしょうね。

肌質が強いとかもともとどんなものにもカブレにくい人ならこの荒療治もよいかも知れませんが、普通の肌の人は正直すぐにやめたほうが良いと思いますよ。もっとひどい肌あれに悩む可能性大だからです。皮膚科に通院してもなかなか治らないパターンになってしまうのがオチだからです。

ニキビのケアは洗い方、アイテムの選び方一つで大きくトラブル解消に近づけます。

シャレコレター・バックナンバー

口元の小じわ、笑いジワだと思っていませんか?

「ホウレイ線が気になって?」というご相談がよくあります。

 
 ※ホウレイ線 
  鼻の横から口角にかけて「ハの字」に広がるシワのような線のこと。

 シワと思いがちなホウレイ線。 
 それは、意外なことが原因だったかも知れないんですよ。

 水分を摂りすぎて寝てしまうと、翌日朝起きて鏡を見ると顔が

 むくんでいることはありますか?

 実は、顔のむくみの他に「鼻のむくみ」もあるんですねー。

 
 「エッー鼻のむくみ?」と聞くまで気づかないのがこのむくみ。だから
 対処が遅れてしまうんです。

 それでは【鼻のむくみ】チェックしちゃいましょ。

 1.喉や鼻風邪をひきやすく、咳や鼻水が良く出てしまう
 2.冷え性だと思う
 3.肩こりがひどい
 4.二重アゴ気味になってきた
 5.冷たい飲み物をガブガブ飲んでしまう
 6.足がむくみやすい
 

 これらのほとんどが当てはまる場合は「鼻むくみ」兆候ありです。
 実はこの「鼻のむくみ」、ホウレイ線と関係が深いそうなんです。

 どういうことかと言うと、元々喉や鼻風邪をひきやすい人は
 粘膜が過敏になり、鼻がむくみだします。そしてこのむくみを
 そのまま放置してしまうと鼻が肥大していきます。

 すると、顔のバランスが取れにくくなり、筋肉が支えづらくなります。
 そう、たるみが始まるのです。

 皮膚がたるんでくると、シワが出来ますよね。特に鼻のむくみによる
 影響はホウレイ線に出やすくなるというわけです。

 
 表情で出来てしまうホウレイ線は仕方ないと思います。でも、冷えや
 呼吸器系の弱体化で出来てしまうホウレイ線は出来て欲しくないですね。

 一番大切なのは、身体の中の健康維持とお肌のケアだと痛感しました。

 身体の中の健康維持は、不規則な生活を改め適度な運動(私はこれが一番
 できていません)をして、うがい・手洗い(子供にはいつも言い聞かせて
 いますが、自分はテキトー???)をきちんと行って予防に努めようと思い
 ます。

 ついつい肌の調子が良くてしっとりしていると、めんどくさがりやの
 私は美容液をつけるのを省いてしまうことがあるので、気をつけねばと
 思います。(いつもこんな調子で、シワが目だってくると慌ててつけて
 います!)

 自分では自覚がないのですが、悲しいかな着実にエイジングは進んでいる
 みたいです。

 そう、以前カウンセリングで「アミノ酸」美容液を勧めた60代の方から
 こんなメールを頂きました。

  ●孫が私の顔の絵を描いてくれるというから、楽しみに見て
   いたら、ホウレイ線を描かれてとてもショックだった時相談し、
   この「アミノ酸」美容液をオススメ頂いて、使ってたら
   だんだん目立たなくなってきたように思います。ありがとう。
   もう、これで描かれないで済むかしらね。
                          
 
 さすがに「アミノ酸」パワーですよね。
 私たちも内外ケアで、ホウレイ線とは縁のない日々を過ごしましょうね。