シャレコレター・バックナンバー

「毛穴の汚れ」

さて、いよいよ本格的な寒い季節が来ます。春から夏にかけての高温多湿の環境で、肌の毛穴も開きっ放し状態から、秋の間をかけてどんどん毛穴が閉じる状態になって来ました?。 (ますます毛穴の黒ずみが気になってしまいませんか?)

秋は、皮膚の新陳代謝も盛んで一番上にある表皮が再生・脱落をくり返し、夏に受けたダメージを修復する季節です。

この作業に必要なのが、”いつも以上の栄養”だということを知っていましたか?肌にとって良い食材を選び、きちんと料理して食べて美肌づくりをすると同時に”生薬を与える”と効果的だと中医美容では言われています。

毛穴を開けていた時期にたまってしまった汚れを、きちんと取り除いた状態で毛穴が閉じる季節を迎えられると、翌年の肌のコンディションはとても楽に過ごせるとのことですよ。

そこで今日は生薬とその作用について簡単にお話しますね。

生薬とは天然の産物である動植物や鉱物をあまり手を加えずに、蓄えておき(乾燥したもの)、薬用として使用するものを言います。ちなみに漢方薬はこれら生薬の組み合わせで出来ている(処方として成立したもの)ことをそう呼びます。

それでは、具体的にどんな生薬が肌の回復、再生の機能に役立つかをちょっとだけご案内しますね。

皮膚の深部の汚いものを取る洗浄作用のあるものとしての生薬は、黄ごん(オウゴン)、紫根(シコン)、艾葉(ガイヨウ)などがあります。

◆黄ごん(オウゴン)
消炎、抗アレルギー作用、フラボノイドなど

◆紫根(シコン)
創傷の治癒促進効果、抗菌、抗炎症作用、肉芽増殖促進作用など

◆艾葉(ガイヨウ)
消炎・血行促進、静菌作用など

具体的には、シミや日焼けの跡をきれいにしていったり、むくみや痒みなどの炎症があれば解毒・消炎も行います。

また、栄養を与えるものとしては、朝鮮人参、当帰(トウキ)、地黄(ジオウ)があります。

◆朝鮮人参
抗老化、抗酸化、細胞賦活作用、保湿・美白作用、ビタミン類など

◆当帰(トウキ)
抗老化、保湿・美白作用、循環促進作用など

◆地黄(ジオウ)
保湿作用、皮膚細胞の活性化など

これらを上手に取り入れることによって、肌の生まれ変わりが効率よく行われ、肌がみるみるきれいになるのがわかると言います。

生薬の入った化粧品をうまく使えれば、毛穴が閉じてしまう季節を迎えたとしても、肌は適度に再生しいつでも潤いとハリ、弾力のある状態でいられるという訳なのです。

それでは生薬が入っている化粧品を使っていれば大丈夫かというと、そうではないのが難しい所です。それは、生薬はただ入っていればよいというものではなく、また、たくさん入っていると効果が高くなるというものでもないといわれています。

生薬はおのおのの持つ効能の範囲のバランスがすごく重要だそうです。このバランスがとれているものが、結果的には肌の改善につながっていくとのことなのです。

そして、私と漢方の出会いは、漢方を取り扱う薬局で毎月、美容カウンセリングをさせて頂いたことが始まりでした。その貴重な経験があってこそシャレコスキンケアも生まれ、そして多くの肌トラブル改善に役に立てていることを、とても有難く思っています。

それから、新陳代謝に欠かせない食材は…
ゆりの根、落花生、卵白、リンゴなどです。どうぞご参考くださいね。

シャレコレター・バックナンバー

急に肌が乾燥し始めていませんか?

さて、最近の肌のお悩み相談で多いのはズバリ【乾燥】です。

・急に乾燥して乳液を一生懸命塗るんだけれどお肌がパサパサで…。
・顔がザラザラして気持ち悪くて?
・粉をふいた所に風にあたるだけでヒリヒリして痛い!

あなたのお肌はそんな風にはなっていませんか?

もしそんな肌の乾燥を感じていらっしゃったら、これからお話することをどうぞ参考にしてくださいね。

乾燥の原因はいろいろあるのですが、一番良くなさそうな原因は洗顔の時のお湯の温度です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

少し高めになっていませんか?というか、いつもの温度感覚で洗っていませんか?

外気温が下がっていると、知らないうちに体感するお湯の温度は上がっていることがよくあります。そのまま同じ感覚で洗ってしまうと肌荒れが進行してしまうんですね。

特にシャワーを体にかける温度で顔まで流してしまうと、顔の皮膚にとってはとても熱いので、お風呂から出た途端に肌がバリバリということも…。

「あーそれ、私やっている」と思われるようでしたら、どうぞちょっと冷たいなと思うくらいのぬるま湯で洗うようにすると、保湿も追いつきますので、まずはその点に気をつけてみてくださいね。

そして、洗顔時間。これも夏と同じペースで洗っていませんか?この時期はいかに肌の潤い成分を洗顔の時に一緒に流出させないかが乾燥させないための大切なポイントです。
だから、洗顔時間を少し短めに出来るような工夫をしてくださいね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

どうしても洗顔料のヌルヌル感がとれなくてついつい長くなってしまっている場合は、すすぎが楽にできる洗顔料を選んで、早めに乾燥を改善してください。

 

★すすぎが簡単にできて朝の洗顔がラクラク、乾燥肌から脱出できる洗顔料はコレ!

洗った時はサッパリなのに、なぜか不思議とシットリするのがシャレコスキンケアだけの「微アルカリ性」ウォッシングフォームの特長なんですよ。

特に乾燥がない場合でも、フェースラインなどのUゾーンは皮脂が出にくい所ですので、だんだんと乾燥してしまいます。

洗う時にこの部分は、ゴシゴシとこすらないように意識してお手入れしてみてください。泡をつけている時間も短くですよ!

お肌の乾燥に限らず、誰にも相談できずに悩んでいる肌のトラブルは、どうぞシャレコにご相談ください。一緒にトラブル改善の道を見つけて「メイクをしてもしなくてもオシャレな肌」になりましょうね。

肌の悩みが少しでもなくなれば、きっといいことがいっぱいありまよ!

シャレコレター・バックナンバー

「泉の貯水」

今日は”泉の貯水”についてお話しましょう。

「最近肌のハリがなくなってきた」とか、「たくさんクリーム、乳液、美容液、オイルなどで保湿しでもカサつきが治まらず、何をやっても追いつかない」ということはありませんか?

このような肌のコンディションの状況は、肌そのものの機能が低下していると起こってしまいます。カサついたりハリがなくなってくると「何かをつければ治まるはず」と思うのが当たり前。

でも、つけて治まる、ハリが出てくるのは、カサつきや弾力が失いかけた早い時期にだけ効果的であって、時間が経ってしまったものには、肌の根本から鍛えるケアが必要になってくるのです。

━━━━━━━
◆泉の貯水
―――――――

泉の貯水のケアのポイントは3つと

1.肌の力を目覚めさせ、活性化させること
2.水を湧かせること
3.肌の貯水タンクを強化すること

┌──────────────
│肌の力を目覚めさせるには…
└─

私たちの皮膚はちょっとしたストレス(睡眠不足、喫煙、精神的疲労など)によって肌の細胞活性機能が低下してしまうことがあります。

私は冷え性で血液の流れが悪く、足がむくみやすかったり、肩こりがひどかったりします。すると肌の調子も低迷してしまうこともしばしばあります。

血液の流れが悪くなったり、リンパの流れが悪くなると、肌の新陳代謝も悪くなるので、体の中で作られ皮膚に行き渡るはずの”潤い”がすみずみまで行かなくなってしまうのです。

★そこで大切なのが、血行促進を高めるケアで肌に力をみなぎらせることです。

┌──────────────
│水を湧かせること
└─

肌の潤いを保つ成分は自分の体の中から生み出されています。それは、真皮層という所で維持されています。

この真皮層が元気でないと肌の生まれ変わることも、潤いを保つことも難しくなるのです。真皮層の基盤がきちんと整えば、自然に水分を保持できる肌になってきますよ。

★血行促進作用と抗酸化作用のダブルケアで、肌の内側から潤いが湧き上がる肌が出来てきます。

┌──────────────
│肌タンクを強化すること
└─

コラーゲンとヒアルロン酸、良く聞く言葉ですね。これらの成分は肌のハリや弾力を支える上で欠かせないもの。

肌の真皮層に潤いを貯めるには、これらを補うことがコラーゲンの合成を促進し、真皮再生のお手伝いをしてくれます。

そして、私が最も重要と考えて取り組んでいるのが「アミノ酸」。

お肌の水分を保つ天然のうるおい成分NMF(天然保湿因子)は、約40%が「アミノ酸」からできてるからです。

NMFは、アミノ酸・40%、PCA-Na・12%、乳酸塩・12%、尿素・7%、ヒアルロン酸・0.5?1%、その他で構成されていると言われています。

「小じわ」「カサつき」「粉ふき」「くすみ」「張りがない」「たるみ」などの肌のトラブルは、NMF(アミノ酸)が不足し、乾燥することによって起こります。お肌とアミノ酸は、きっても切れない深く大切な関係があるんですよ。

★コラーゲンとヒアルロン酸、そして「アミノ酸」成分の入った美容液を日々のお手入れに加えて、潤い強化をしていきましょう。

ここで大切なことをひとつ!!
いくらこの3つのポイントの「泉の貯水」や前回お知らせした「雨の貯水」を実行した所で、洗顔料やメイク落としの選択ミスや使い方を間違っていては、これらの情報のとおり行ってもほとんど意味をなしません。

カサつき、ハリの低下の根本的な原因は、「洗顔」にあるからなのです。根本原因を取り除かなければ、どんな対処方法を行っても残念ながら効果はあがらないんですよ。