シャレコレター・バックナンバー

「今年は強烈な花粉?鼻の皮ムケ対策方法は?」のお話です

32f963fe19f07127491c5e3dcd7690a4_s

忘れもしない3月3日。ひなまつり。
花粉症を克服した!と宣言していた私が、もしや?復活?と思う症状が出てしまいました。

みなさまは、花粉症は大丈夫ですか?

とにかく、鼻とクシャミがすごくて何度も鼻をかむことに(涙)

以前このような状態になった後、3日後に小鼻、鼻の下、唇の上の皮ムケが始まって大変なことになっていたのを思い出し、いつもは鼻をかむ前にSPクリームをつけるのですが、今回はモイストプラスパック(冬季限定販売商品)を薄くつけて、鼻をかむようにしました。mpp_p1

小鼻にはきちんとモイストプラスパックをつけていたので、翌日は鼻の下、唇の上の皮ムケは起こったものの、小鼻は無事大丈夫でした。

その後、片方の小鼻にだけモイストプラスパックを薄くつけて、もう片方はつけずに過ごしたところ3日目には、モイストプラスパックをつけていなかった方は、皮ムケが始まりました。

ということで、当日~3日間はモイストプラスパックをつけていると、皮ムケしなくて済むということが実験結果(笑)からわかりました。

これは、SPクリームでも同じです。

新規キャンバスsp

(パソコン) http://www.shareco.co.jp/care_SPcream.htm
(スマホ) http://www.shareco.co.jp/sp/item/spcream.html

今回、モイストプラスパックで実験してみたのは、実はモイストプラスパックをお使いいただいたメンバーさまから、

「すごくいいので定番品にしてほしい」というお声があがってきていることもあり、いろいろな活用法を模索するためでした。

花粉による顔の痒みについては、やはりSPクリームで和らぐと言うお声も多くありますが、今回、皮ムケ対策については、モイストプラスも活用できることがわかりました。

もし、みなさまも鼻の皮ムケにお悩みでしたら、ぜひ鼻をかむ前にSPクリームをつけるという方法をお試しくださいね。
(ごめんなさい、モイストプラスパックは完売しています。)

★花粉によるお肌のトラブル、お手入れチェック&ご相談を承ります。

件名に「花粉対策ケア」、お名前、お肌の状況を詳しくご入力の上、下記までご連絡ください。

109978support@shareco.co.jp

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

シャレコ

シャレコレター・バックナンバー

「赤いブツブツができたら・・・」のお話です。

春先は、どうしても赤いブツブツしたものや白くポツポツとしたものが出やすいです。

これは、冬の間に角質肥厚が起こりやすく、代謝がよくなるこの季節になると、出られない皮脂で皮膚が膨らんで盛り上がり汗で皮膚刺激を受けて肌が敏感に反応する状態になるからです。

これが赤いブツブツだったりします。

 

赤いブツブツが出てくると、何か肌に合わなくなってしまったの かしら?と心配になりがちですが、これはある意味、肌の自然な働きでもありますので、慌てないことが大切です。

このような現象が出たら・・・下記をチェックしてみてください。

1洗顔がずっと素洗いだったか?

2暖かくなったからと化粧水のつける回数を少し減らしたり
しなかったか?

3保湿クリームの量が冬のままの分量でないか?

まず、この3点を確認し、

1の場合、少し皮脂分泌が増えているのに素洗いだと化粧水が入りににくくなって出ることがあります。

洗顔フォームを週に1.2回入れて様子を見ると、このブツブツがなくなります。

2の場合、気持ち1.2回ローションを多めにつけます。※保湿効果の高いしっとりタイプのローションを使っている場合には、つける回数を多くすると逆効果なのでご相談ください。

?保湿クリームよりも肌は水分を欲しがっていると思われます。保水性の高い(肌に浸透する)化粧水をしっかりつけて、油分の少ない保湿剤を使って皮脂の分泌をうまく調整してください。

上記以外に、花粉や黄砂などの影響で赤いブツブツになることもあります。

また、よくあるのが、春になるとシャンプーを新しいブランドに変えてみて、シャンプーが付着する箇所にブツブツができることもよくあります。(新製品発売時期でもあるんですね。)

さらに、最近はこめかみ部分にこの赤いブツブツなどが出るケースが多いです。

顔の中心は化粧水をしっかりつけますが、こめかみにまで丁寧につけていなかったという方によく起こっています。

どうぞお気をつけてください。

また、シャレコのアイテムをお使いで、最近になってブツブツが出てしまい心配!!という場合には、対処方法をご案内しますので、下記まですぐにご相談ください。

件名に「ブツブツの対処法」、お名前、年齢、どこにどんな感じのブツブツがいくつくらい、痒み・痛みはないかを入力の上、下記までご連絡ください。

support@shareco.co.jp

 

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます♪

シャレコ

 

シャレコレター・バックナンバー

「肌の水分を奪っているもの」のお話です。

  
  春風が吹く今日この頃。何だか今年は例年とは違って、
  強風だし、突然風が吹き出す日が多いような気がしています。

  それでなくても春は、前回からご案内しているように
  花粉、黄砂、紫外線などの要因が増えるところに、
  この春風です。

  肌の水分は風に当たると、いきなり奪われてしまいます。

  そして、この風が花粉や砂ぼこりを舞い上げてさらにいたずら
  します。

  もう一つこうも考えられます。

  肌のサイクルはご存知のとおり28日+ご自分の年齢分の日数
  といわれていますから、今のお肌は一番乾燥を感じて過ごした
  冬に作り始められたものなので、肌がしっかり水分を保持して
  形成されてきたものではないです。

  ということは、未熟な状態で育ったものですから、潤い力が
  弱く、周りの環境ダメージに左右されやすいのです。

  また、気温差も影響します。皮脂分泌量も上下するため、
  水分コントロール、脂分のコントロールがアンバランスになって
  しまうのでしょうね。

  となると、ブツブツはもちろん、ゴワゴワ、ザワザラ、中には
  シミが浮いてきているとなります。この肌相談、最近多いです。

  肌の水分を奪うものは【春風】以外に、髪を乾かすときの
  ドライヤーの風でも起こります。温風だとなお、肌の水分を奪い
  ますよね。

  実は、節電をしてエアコンや石油ファンヒーターをつける回数を
  減らしたお陰か、今年の私の肌は例年よりも潤っています。

  そう実感をされている方も少なくないのではないでしょうか?

  肌の水分を奪うものは、洗顔時のすすぎの回数というお話は
  耳にタコほど聞いていらっしゃいますので、その点はご心配
  ないと思いますが、温度を下げているから大丈夫とシャワーで
  直接顔をすすいでいる場合があります。

  水圧で思い切り水分を逃がしている可能性もありますよね。
  水量も多いので(水に触れている時間が長くなり)肌の水分が
  流れ出てしまいます。

  こんな細かいことでも【肌の水分を奪うもの】となるので、  
  意外な原因に気をつけないといけないですよね。

  例えば、水分補給を目的に使う化粧水にアルコールを多く含む
  化粧品で水分を奪われた上に乳液でしまっています。そうなると
  乾燥の実感を感じにくいので注意が必要です。
  (シャレコのメンバーさまはこの点はご安心頂いていますね。)
  
   
  もし、さんのお肌のコンディションがあまりよく
  ないという時には、どうぞ「肌の水分を奪うもの」チェックを
  ぜひしてみてくださいね。

  お肌のご相談はいつでもどうぞ♪ support@shareco.co.jp

  いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます!!
  
      
                              シャレコ