シャレコレター・バックナンバー

夏休み特集!急な肌荒れ・化粧品切れ対処法

f944c335ac708c3d1192279638db2c48_s

夏休み明け、いつもいろいろな肌トラブル相談を頂くのですが、その中でも多いご相談とその対処方法をご案内します♪

1.日焼けでヒリヒリ赤くなった!

166780

これは当日のケアが、その後の状況が悪化するかしないかの鍵を握っています。

日焼けした!ヒリヒリしている!と思ったら

「冷やす」ことです。

ものすごく焼けた感じがするときには、凍った保冷剤をタオルなどに包んで使いますが、それ以外でしたら凍っていない保冷剤でも大丈夫です。

冷やす時間が長くなればなるほど、回復は早まります。

その後は、クリームや乳液よりも化粧水をしっかりつけてください。

化粧水がしみる時はかなり重症なので、薬局でヤケドの薬を買ってすぐにつけて対処しましょう。

まずは、この2点の対処法さえすれば、ひどくならずに済みます。

2.旅行先に常用している化粧品を持っていくのを忘れてしまい、他のを使ったらかぶれた

483894

つけている段階で、「火照る」「ヒリつく」を感じたらムリにつけずに洗い流しましょう。

つけた時は大丈夫だったのが、時間と共に違和感が出てきた時も、ためらわず水で数回洗いましょう。

その後は、できるだけ何もつけずに過ごすと、翌朝腫れてしまうようなことにはなりません。

違和感が続く場合は、冷やしてください。

炎症は冷やすのが一番です。これをぜひ覚えておいてくださいね。

3.温泉に入ってから肌がおかしくなった

よく起こるのが硫黄温泉です。また、単純アルカリ温泉でも、気持ちいいからと朝昼晩と入りすぎて、肌トラブルになるケースがあります。

また、浴場に置いてあるスクラブ、角質除去ジェルを使用して皮膚が痒くなったりヒリついてしまうこともあります。

その他、環境が変わって、いろいろと肌も変化に追い付かなくトラブルになることも考えられます。

まずは、予備知識を持った上で、また困ったことがありましたら、いつでもサポートまでご連絡ください。

どうぞ、ステキな夏休みをお過ごしください♪

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

          シャレコ

シャレコレター・バックナンバー

乳児用UVケアでクレンジングしてる?のお話です。

5月から急激に照射量が増える紫外線。

そろそろUVカット剤の数値を上げようと思っている方も多いことでしょう。

●SPF値は、赤くヒリヒリさせない効果の持続時間の単位を示します。
●PA値は、シワ、しみになる有害な波長をブロックする度合いです。

ちょっとした外出でしたら、SPF10でも十分ですが、
長時間となるとSPF20以上あるといいですね。

SPF50くらいのものだと、処方次第では、肌に負担になるものも多くあります。

ノンケミカル処方のSPF50でしたらまだ選択の余地がありますが、
ノンケミカル処方でないものは、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

また、気になるのが、乳幼児のUVケアですね。

子供は外に遊びに出かけると、長時間日光に当たり続けることが多いですから、
日焼け止めをつけてあげるお母さま方が多くいらっしゃいます。

でも、気をつけてほしいのがこういうタイプの日焼け止めです。

●汗や水に強く、効果が長続きするウォータープルーフタイプ
●ベタつきにくい乳液タイプ

こういったものは合成の成分はもちろん、密着性の高い基材が多く使われています。

乳幼児がこういったものをつけても、お子さんにクレンジングまでしている人はごく一部です。

クレンジングでないと落ちないようなUVカット剤もベビー用なのに多くあるので、
普通に石鹸で洗い流しただけだと落ちていない可能性が高いです。

では、それがどういけないか?

まだ、代謝が活発なので、大人ほど早く出ては来ませんが、
毎回落としきれていない成分が蓄積して、数年後にはシミやくすみという現象になってしまいます。

通常の日焼けでしたら、秋から冬にかけて顔の色が元に戻っていくのですが、
いつまでもほんのり黒いままいうことになりがちです。

ですので、やはりクレンジングを自分でできるくらいの年齢になるまでは、
こういったウォータープルーフタイプのものは使わないほうがいいでしょう。
乳液タイプも皮膚刺激がある場合があります。

低刺激と書いてあっても、安心はできません。

子供の皮膚はまだ出来上がっていませんから大人と比べて、薄いです。
低刺激用に作ってあるといっているものの成分を見ても、これは?と思うものばかりです。

ザクっとした見分け方のヒントとしては、

カタカナ文字でやけに長い成分名がたくさんあるかないか?
で判断していいでしょう。

本当に気をつけたいですね。

私は、娘が1歳で保育園に入ったとき、今どき珍しい裸保育だったので、
毎日紫外線をずっと受けていましたが、

市販のUVカット剤は、とても怖くてつけられなかったので自分で開発しました。

それが、シャレコUVローションです。

http://www.shareco.co.jp/uv_lotion.htm

油分がまったく入っていないので、洗う時にクレンジングをしなくても大丈夫です。
だから子供にも安心して使わせることができます。

このUVローションは、どちらかというと公園の散歩や
1.2時間程度の外遊び向きで、リゾートなどではちょっと厳しいですが、

肌に悪い影響を与えるのをできるだけ防ぐほうが、
肌にとっても将来にとっても良いと考えております。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 

シャレコレター・バックナンバー

[続・独自のスキンケアが起こす肌トラブルは?]のお話です

 

現在、行っているスキンケアで起こる可能性がある肌トラブルについて、解説をしていきたいと思います。

—————————–

■朝洗顔はせず、お風呂ではたっぷり汗を出し、オイルマッサージをした後、蒸しタオルで蒸す

→朝の洗顔をしないのは、乾燥肌の方にはいいことですね。
お風呂で汗を出すこともいいです。ただ、毛穴は汗腺とは違いますので、

代謝を良くすることはできると思いますが、お風呂に長く入ったからといって、毛穴が開くというわけではありません。

また、オイルマッサージと、蒸しタオルでのケアは基本的には、シャレコではおすすめしていません。

【起こる可能性のある肌トラブル】

マッサージによる皮膚摩擦の影響によるシミにつながることと、蒸しタオルはインナードライが加速して、さまざまな肌トラブルを引き寄せてしまうことにつながるケースがあります。

—————————–

■顔を過度に洗わない
洗顔料は泡をよく立てて、泡で包むように洗うことを心がける

→これはとてもいいです。洗顔は泡でくるみ込むように洗うのもすごくいいです。
直接皮膚をさするのではなく、泡を転がすことが大切です。同時に硬い泡ができるのが理想です。

泡切れが良いこと、長い時間(20秒以上)肌の上に泡を置かないことがポイントです。

【起こる可能性のある肌トラブル】

皮脂がかなり出る人が、洗い方がマイルド過ぎると、くすみのトラブルが出ることがあります。

—————————–

■化粧水はパッティングせず、浸み込むように何度も手でつける

→これもとてもいいです。手でつけることで、より保水がしやすくなります。

ただ、保湿が高めのコッテリ、シットリ化粧水だと与えているつもりが、内側の乾燥が始まり、老化が早まることがあるので、保水力の高い化粧水を選ぶのがポイントです。

【起こる可能性のある肌トラブル】

アトピー、アレルギーがある方、かなり肌が敏感なかたは、浸み込むように何度も化粧水をつけると、赤いブツブツや赤味が出ることがあるので注意が必要。

—————————–

■洗顔後スチームを浴びた後、化粧水をコットンにつけてパッティングし、クリームをたっぷりつける

→洗顔後は水分が逃げやすくなっているので、スチームはいいのですが、高温が噴出するタイプはNGです。

【起こる可能性のある肌トラブル】

コットン使用だと皮膚に無数の傷をつけてしまう可能性があり、それがシミやくすみにつながることがあります。

—————————–

■クリームをタップリ塗る

→クリームをタップリつければ、肌の乾燥を防げると思いがちなのですが、タップリつけることで、自分の皮脂が出にくくなることがあり、余計乾燥肌が長引いてしまうケースが多々あります。

一番最高のクリームは自分の皮脂です。自分の皮脂を適度に出し、コントロールできることが、美肌になる秘訣となるのです。

【起こる可能性のある肌トラブル】

クリームの油性素材にもよりますが、長年の積み重ねで肌のくすみになると考えられています。

—————————–

もし、ご自身がこだわりを持って実践している方法で、何か満足できていないということがありましたら、一度ご相談ください。

件名に「独自スキンケアチェック」、お名前、年齢、どんな独自ケアをしているか、
肌のトラブルの内容を入力の上、サポートまでご相談ください。

support@shareco.co.jp

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。