シャレコレター・バックナンバー

「ニキビは感染するのか?」のお話です。

be49dd9cff75d04b2df3e093e8b81baf_s

先日、ニュースフィードの記事を見ていたら、顔をすり合わせると顔の菌が相手に感染するという情報がありました。

顔の菌というとイメージは湧かないと思いますが、「彼氏と付き合いだしてから、ニキビや吹き出物が出るようになった!」など

というお声もあります。

ニキビは、接触感染ではうつらないと言われているのに、なぜなのでしょう?

考えられるのが、アクネ菌です。

アクネ菌というのは、人間の肌に存在する常在菌です。このアクネ菌は、酸素の多いところでは、ほとんど活動しないと言われています。

なので、普通の生活をしていれば、人から人にうつることはないです。

皮膚の表面のように常に酸素と触れるところでは、活動はほとんどできませんが、これが毛穴だったらどうでしょう?

毛穴の隙間に入り込むと、直接酸素に触れない、酸素が少ないところになるので、皮脂や雑菌・汚れなどと共に押しこめられてそこで、アクネ菌が元気になり、炎症につながってしまう。

と考えられています。

ですので可能性として、メイク道具の貸し借りや、ハンカチやタオルとかを共有するとアクネ菌がうつる確率は高くなります。

これらをするのは、たいてい10代~20代前半くらいでしょうから、ただそれらの行動をやめれば、うつったと思われるニキビは出来ないと思います。

しかし、人からうつるものとは別に、確かにパウダーのパフの洗い替えを用意して、マメに洗い、新しいパフでつけるようになったら、ニキビがよくなった!ということはよくあります。

菌の繁殖には、やはり汚れも何らかの影響を及ぼしているのだと思います。

よく、シャレコでは、ニキビでお悩みの方には水性ファンデーションをご案内します。

というのは、水と油だとどちらにホコリがつきやすいかというと一目瞭然で、油はすぐにホコリだらけになってしまいます。

ですので、ファンデーションという一番外側に付着しているものが油性のものではなく、水性のものの方が、ホコリや雑菌を寄せ付けにくくなるからなんですね。

ニキビが良くなるまでは、水性ファンデーションがオススメです。

(パソコン) http://www.shareco.co.jp/wb_foundation.htm
(スマホ) http://www.shareco.co.jp/sp/item/foundation.html

また、お化粧しないティーンエイジャーの方には、ルースパウダー(油分を含まない)のつけなおしをすることもオススメしています。

なぜなら、肌の上にパウダーの粒子がいっぱい乗っていることで、汚れや雑菌が直接肌に触れないため、悪い影響を及ぼさないようにできるためです。

ニキビはうつらない!しかし、汚れたパフや手で触るとニキビが良くならないので、お気をつけてくださいね。

109978 support@shareco.co.jp

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

シャレコ

シャレコレター・バックナンバー

「パフの汚れがニキビを増やす!?」のお話です。

★スマートフォンをご覧の方は、こちらをどうぞ♪

http://www.shareco.co.jp/sp/letter131030.html

毎日アドバイス通りに丁寧なケアをしているのに、なんだかお化粧の仕上がりが悪くなった気がする。

その頃ニキビが赤く腫れたり治りが遅くなった?!と感じることがある場合、

それはパフの汚れが原因かもしれません。

洗わないパフは、皮脂やメイク品の油分をたっぷり吸着しています。それを餌にして雑菌や細菌が繁殖しており、あるテレビ局の番組内での調査結果によると…

1週間使い続けたパフからは、夏の時期である7?8月で8万個10,11月でも4万個の雑菌が検出されたそうです。

ニキビが発生している肌に使用すれば、当然パフにもニキビの原因と言われるアクネ菌が付着します。

アクネ菌の特徴といえば、酸素を嫌い、皮脂を好むことです。

パフと一緒に密封されたコンパクトの中にしまわれていますし、パフ自体に皮脂はたくさんついていますから、まさにアクネ菌の温床となる条件が揃ってしまうのです。

清潔なパフを使わないと、どんなに頑張ってケアをしていても効果はでにくくなってしまいます。

洗い替えがあると安心ですね。

————————————————-
☆パフのお洗濯のタイミング
————————————————-

♪ニキビ、脂性肌の方
⇒毎日?3日おきには洗うようにしましょう。

♪その他の肌質の方
⇒3日?1週間に一度は洗うようにして、常に清潔な状態で
パフをご使用ください。

————————————————-
☆パフの洗い方
————————————————-

パフは無香料の石鹸や、香料ができるだけ入っていない石鹸を使用して洗うと良いでしょう。

パフをもみこみ、強く洗い過ぎると縫い目が外れたり、中のスポンジを傷めてしまう可能性がありますので、押し洗いするようにしてください。

洗ったパフをよく絞り、乾燥機にいれて乾かすとフワフワになります。

乾燥機がない場合は、日陰干しで自然乾燥させます。自然乾燥の場合には、少しパフが毛羽立つことがあります。

そんなときには、乾いたパフの布地部分をよくもみあわせて表面の毛羽立ちを柔らかくしてください。

2枚のパフの持ち手部分を両手で持ち、パフの面同士を合わせてクルクルと擦りあわせると摩擦でも毛羽立った繊維が起きてきて柔らかく戻ります。
いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます♪
シャレコ

シャレコレター・バックナンバー

「スキンケア効果プラス」のお話です。

先日の電話相談でのこと。

Aくん:ニキビに悩んでいて、化粧品を変えても、医者に行っても治らないんです。

就職活動をするのですが、この肌だとそれが気になってしまいます。もう、治る見込みはないのでしょうか?

シャレコ:これまでのケアの方法、教えてもらえますか?

Aくん:しっかり洗って、薬をつけています。薬がベトベトするのに、なんだか肌は乾いていて。赤くブツブツがいっぱいなんです。
シャレコ:なるほど、これはまさに肌の内側の水分が極端に減ってしまって、それが原因で乾燥によるニキビになっていると思います。

というような、会話の後に食生活を確認したところ、ニキビになりやすい食材の摂取量が多かったことが判明。

そこの見直しをすることと、スキンケアでは、やはり洗顔を一旦休みましょうということに。

Aくん:えーー、洗わないんですか?余計ニキビ増えませんか?

とご心配されていましたので、今は極端に水分が少ない状況だから洗えば洗うほど、状態が悪化して赤みが増してきていると思うんですね。

とのやり取り後に、一通り使っていただきたいアイテムのサンプルをお分けしてみました。

シャレコ:大丈夫かな?言ったとおりちゃんとやってくれたかな?

それから4日後・・・

Aくん:シャレコさん、あんなに病院とか行ってもダメだったニキビと赤いのが、マジで薄くなってきたんです!!

お母さんにも、これまでどれを使ってもダメだったからその化粧品も無理なんじゃない?と言われていたけど、僕は信じて良かったです。
シャレコ:信じてくれてありがとう。化粧品だけでなくて、洗顔の仕方とかご案内してくれたとおりにやってくれたなんですよ。

こちらこそ、ありがとうございます。

ということで、これからさらに赤みが消え、ニキビが出来ない肌になれるようにサポートさせていただくことになりました。

こんな短期間で劇的な変化を遂げるケースはあまり多くないのですが、とてもわかりやすいケースだったので、お伝えしてみました。

スキンケア効果プラスというのは、実は肌状況判断に応じたテクニックであり、内面的なケアの充実、そして安心して使うことだと実感いたしました。

もし、スキンケアに不安を感じていたら、いつでもお気軽にご相談ください。

お待ちしております。

件名に「お手入れ相談」と記載の上、お名前、年齢、肌の詳細情報をお知らせください。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。
シャレコ