シャレコレター・バックナンバー

夏は化粧水を冷やして使うといいの?のお話です

14ab6f9628c20b55c041d23cc7b17961_s

夏になると、肌も火照りやすくなるので、キンと冷やした化粧水をつけたくなり、化粧水を冷蔵庫に保管している!
また、冷やした化粧水を使うと、毛穴が引き締まるように感じる人も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

シャレコでは、化粧水を冷やして使いたいという場合には、一瓶そのままを冷蔵庫には入れるのではなく、一週間くらいで使いきれる量を目安に小分けし、冷えすぎないように冷蔵庫のドアポケットのところなどに入れて下さいね!とお伝えしています。

理由は、化粧水を急激に冷やすこと(特に凍ると)で「美容成分が固まり、結晶が出来てしまう」可能性があるためです。

この結晶、常温に戻せば溶けますが、温度の急激な変化は製品の劣化を免れないと言われています。
化粧品は、常温保存が基本ですので、室内の涼しい場所や気温差が少ない日陰の所に置くようにしたほうが安心ですね。

また、冷やし過ぎると毛細血管が膨張して、赤ら顔になる…ということも考えられます。
肌の血行がよくなることは大切なのですが、冷やした化粧水で一気に肌環境を変化させるのではなく、ほどよく肌に合う温度でつけるのが効果的だと考えます。
美容成分が活性化するには、ある一定の温度がある方が良い!という説もあります。

ということで、総合的に考えますと、
シャレコローションには、抗炎症作用成分が入っていますので、作用は同じでもあるのであえて冷やさなくても大丈夫です。

l

L

ただ、日焼け後の火照り感がある時や、リフレッシュしたい時など、冷やして気持ちよくお手入れするのも時にはいいと思いますので、どうぞご参考くださいね。
http://www.shareco.co.jp/care_lo.htm

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。
シャレコ

シャレコレター・バックナンバー

「化粧水っていらないんじゃない?説について」のお話です。

最近ネットのニュースアプリの記事で、

「化粧水っていらないんじゃない?」というお話をみられて、

化粧水よりも先にクリームを付けたほうがいいのでしょうか?

というご質問を頂くことが多くなりました。

シャレコでも、お肌の乾燥具合によっては、
化粧水よりも先にクリームを薄くつけた方がいいとご案内することはあります。

ただ、クリームを先につけることでコンディションが整った方は、化粧水はいらないんじゃない?と思ってしまうこともあるかと思います。

しかし、化粧水をまったく使わなくていいか?となると、これは肌トラブルの内容や、肌の状態に応じて変わります。

まったく使わないことで起こるトラブルもあるので、注意が必要になるのですね。

化粧水を使わないことにより起こるトラブルは、「顔のくすみ」「皮膚の固さ」「ゴワゴワ、ザラザラ」などです。

以前もメルマガでお話したかと思いますが、私は肌がとても綺麗なご高齢の方を見かけると

「お肌綺麗ですね?、どんなお手入れをされていらっしゃるのですか?」と聞いてしまうのですが、これまで多くの方が

「私はほとんど何もしないけれど、化粧水だけはピチャピチャつけていますよ。」と答えてくださいます。

また昨年私は、10周年記念のハッピー教室で長くご愛用のメンバーさまとお会いしましたが、そのお肌の透明感たるや驚くほどの方ばかりで、化粧水の大切さを改めて実感しました。

化粧水をつけすぎて肌トラブルになるという説もありますが、それは皮膚表面のバリアゾーンが傷ついてしまっていて、入っていってはいけない肌の奥にまで入り込んでしまうからトラブルになるのです。

正常な肌コンディションでしたら、化粧水のケアを重視されている方のほうが肌の透明感、キメ細かさがあります。

ですので、ニュース記事などの美容テクニックをみてすぐにやるのではなく、肌は繊細ですから慎重に、まずはご自分の肌のコンディションを確かめて、それから何をすべきかを考えてみるといいですね。

肌タイプ別トラブル対処方法もご参考ください。

→ http://www.shareco.jp/archives/74

それでもわかりにくいという場合には、いつでもサポートまでご相談くださいね。

件名に「肌相談」、お名前、年齢、肌のトラブルの内容を入力の上、サポートまでご相談ください。

support@shareco.co.jp

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 

シャレコレター・バックナンバー

化粧水のつけ方チェックしてみてください♪

化粧水(ローション)つけ方のご案内です。

———————————————————-

1.ローションをつけるとき、頬から先につけている

ローションは、その人それぞれに合う付け方をするのがトラブルのない方法です。

a. 乾燥肌の場合

乾燥する箇所からそっと顔に手を置き乗せるようなつもりでつけます。

b. 脂性肌の場合

脂がたくさん出るところから先につけます。

c. 普通肌の場合

元や口の周りなど皮膚の薄いところからつけます。

d. ニキビのトラブルがある場合

ニキビができやすい場所からつけます。
※シャレコローションをお使いになられる場合のみ。

e. シミのトラブルがある場合

シミの気になるところから先につけます。

f. シワのトラブルがある場合

シワの気になるところに指先につけたローションをトントンとシワの上に置くようにしてつけます。丁寧に時間をかけてそっと指先で置くようにつけてから、残りを顔の乾燥のしやすい部分からつけます。

g. 毛穴のつまりがある場合

ローションを1.2回つけてから、毛穴のつまりの部分にカットしたティッシュをにローションを染みこませたものをつけて、パックをして5分、乾ききる前にはがしてまた、毛穴のつまりのあるところから先にローションをつけます。

h. 毛穴の開きがある場合

エッセンスを毛穴の開きやすい部分に指先でトントンと肌にのせるようにしてつけてから、ローションを毛穴の開いている部分から丁寧に繰り返し何度も時間をかけてつけます。

i.  35歳以上の場合で特にトラブルない場合

つける順番は… オデコ→眉間→目の周り→口の周り→顔全体に
—————————————————————

ローションの付け方はそれぞれの肌トラブルや肌質によって異なります。

それはなぜか…
ダメージの大きいところ、インナードライの進んでしまっているところ、エイジングが進みやすい箇所から的確につけてローションを有効に使うことでコンディションがよくなります。

この方法を知ることができたのは、これまでたくさんの方のレッスン方法をみてきて、トラブルのある場所ほどケアを避けて通る傾向があることに気づけたからです。

どうしてトラブルのところを避けてしまうかというと、「余計トラブルがひどくなったら困る!」という深層心理が働くからです。

でも、その余計トラブルがひどくなる原因は、付け方の圧が強かったり、擦ってつけたり、コットンなどの摩擦だったり、使うアイテムがトラブルにつながりやすい内容だったりします。

私はそういった刺激や負担を軽くするためのアイテム(シャレコシリーズ)と 肌トラブルにならない付け方をご案内しているので、このとおりにつけると結果につながりやすくなるというワケです。

これもすべて過去にトラブルを解消された皆様から学ばせて頂いたからこうしてお話できます。このような役目につけて、心から感謝しています。

あなたもローションの付け方が合っているかご心配なときには、肌トラブルの内容と今の付け方を教えてくださいね。ちゃんと肌のコンディションをよくする付け方ができているかどうかチェックしてみますね。

お気軽にメールください。
support@shareco.co.jp