シャレコレター・バックナンバー

「なかなか良くならない角栓が!」のお話です。

mpp_p1

 

 

 

 

 

今年の一月、より潤いをチャージできればと新発売しました「モイストプラスパック」

もう、お使いいただいた方もたくさんいらっしゃることと思います。

開発時には、うるおいが数値でアップしているのがわかる上、もちろん肌に優しいパックを!と思っていましたので、そのようにご案内してきました。

ところが、お求めいただいた方々から、

あれこれやっても取れないでいた角栓が、モイストプラスパックを使い出してから不思議と取れ始めたんです。

というお声はもちろん、

他社のクレンジングバームを使っていたけれど、感触が似ていたので、モイストプラスパックをクレンジング代わりに使い出したら、角栓がキレイになったんです。

というたくさんの嬉しいお声をいただきました。

なぜ、角栓が取れ始めたのか?

それは、このバーム状の粘度に秘密があると考えています。

実は、液体に溶ける「融点」にこだわりました。

それこそ、2℃ずつ融点をずらして固めた試作品を色々とつくってもらってテストしたんです。

試作品だけでも200個を超えて、製造会社さんにはかなりご苦労もかけました。

そのおかげで、一度溶けた後にカチカチに固まりはしませんが、まるでロウのパックのように肌への密閉感が保てるレベルに作り込むことができたのです。

角栓は、「過剰に分泌された皮脂(油分)」と「古い角質(タンパク質)」が混ざってできますが、

その、過剰に分泌された皮脂とパックがなじむことと、毛穴の出口をパックで密閉することで

角栓が柔和になるため、ポロリと取れる!ということにつながったのではないか?

と思われます。

何とか再販売して欲しい!というお声をたくさんいただいていました。

ということで、9月より販売を開始しております!!

もし、さんや周りのお友達がぴょんぴょん飛び出す角栓にお悩みでしたら、ぜひモイストプラスパックをお試しいただければと思っております。

もちろん、潤いキープはそのままでですので、夏ダメージを受けた肌のリカ
バリーにもおすすめなアイテムです。

https://www.shareco.co.jp/shopping/products/product.svlt?id=SRC-5008

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

シャレコ

シャレコレター・バックナンバー

「小鼻周りの黒ずみのケア」のお話です。

小鼻の黒ずみの原因は、「肌の乾燥」や「洗いすぎ」などによって水分量が低下してしまい、角質部分が厚くなって、毛穴の出口がふさがれて起こります。

1.小鼻は乾燥を感じにくい箇所なので、化粧水をあまりつけていないため、毛穴が黒くつまってしまう

2.洗いすぎていて、洗顔によって落とされてしまった皮脂を補おうと、どんどん皮脂が出て、それが毛穴の黒ずみに変わる

また、まれに

洗わなすぎ?が原因で黒ずみが発生するケースがありますが、この場合は、水分を与えていない⇒皮脂がたくさん出る⇒うまく洗えていないという構造で黒ずみが出てしまっていることがあります。

どうしても黒ずみが増して不安な時には、洗顔料できっちり洗いたくなるのですが、それでは逆効果です。クリームタイプのクレンジングで、朝も週に1.2回ほど、鼻だけクレンジングをしてみるといいでしょう。

シャレコのクレンジングやウォッシングでしたら、脂を取り過ぎないため、毛穴の黒ずみの解消がしやすくなります。

★http://www.shareco.co.jp/care_cre.htm

スマホサイトはこちら

★http://www.shareco.co.jp/sp/item/cleansing01.html

ぜひ、鼻の周りの黒ずみにお悩みでしたら、朝クレンジングも一回お試しくださいね。

<西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

小鼻の周りの黒ずみができやすい人には、共通する体の状態があります。
それは気(目に見えないエネルギー)の滞りです。

気が滞ると、皮脂が毛穴に詰りやすく酸化し黒ずみが起こりやすくなります。

次の項目は気の滞りのサインです。
・汗をかきにくい
・鼻が詰りやすい
・便秘がち
・生理前に胸やお腹に脹りを感じる
・ちょっとしたことでイラッとしやすい

中でも汗をかきにくい方に黒ずみは多いように感じます。

気がスムーズに巡るようになると皮脂は天然のクリームとなり、お肌を潤してくれます。

冬や春は特に気が滞りやすくなります。
気を巡らせることを意識してみてはいかがでしょうか。

適度な運動やカラオケなどで気を発散させましょう。
汗をかき過ぎない程度の入浴も効果的です。
汗をかきにくいという方は、口の中に水を含んだ状態で湯船につかってみて下さい。
汗をかきやすくするそうです。
汗がかけなくても口の中にたまったヨダレに老廃物が含まれているので飲まずに吐き出して下さい。

柑橘類や香りに特徴のある野菜(三つ葉、シソ、パクチー、ネギ類など)には気の流れをスムーズにするはたらきがあります。

柑橘類の香りを嗅ぐだけでも気の流れをスムーズにすることができます。

のどに詰りやすく、お腹が脹りやすい、オナラが出やすいイモ類や栗などは気の流れを滞らせがちなので柑橘類や香りに特徴のある野菜と一緒に摂るとよいです。

シャレコレター・バックナンバー

「夏の毛穴の悩みを解消するには・・・」のお話です。

夏になると毛穴全開になるので怖い!!という方がいらっしゃるかもしれませんね。

気温が高くなってきて、代謝が促進されますし、さらに皮脂もしっかり出るようになります。

そうなると、だんだんと毛穴に余分な皮脂が詰まってきて毛穴を広げてきたりします。

また、酸化もしやすいため毛穴の黒ずみが増します。

原因はいろいろありますが、一番の原因はうまく日焼け止めやファンデーションが落とせていないことが、毛穴のつまりや毛穴の黒ずみにつながるのだと思います。

日焼け止めやファンデーションがうまく落とせていない要因としては、

1.日焼け止めや、メイク品に入っている成分と、クレンジングに使われている成分の相性があまりよくない。

2.日焼け止めがケミカル処方だったり、メイク品が肌に密着するタイプのため、脱脂力の強いクレンジングでないと落ちない
が、考えられます。

私が化粧品を開発するときには、まず「低刺激性であること」と、「成分の相性」を考えます。

シャレコの場合、日焼け止めやメイク品よりも、クレンジングが先に開発されました。

アトピーやアレルギーの方、ニキビや肌ダメージの大きい方にも刺激なく使えるようにクレンジングを処方しました。
★シャレコクレンジング
http://www.shareco.co.jp/care_cre.htm

そのため、日焼け止めやメイク品の開発の時には、それで落とせるものという視点があったため、お陰様でより肌にやさしいアイテムができました。

もし、毛穴につまりや黒ずみが出てしまうということがあるようでしたら、日焼け止めやメイク品とクレンジングの相性を疑ってみることも大切だと思います。

また、だからといって、よく落ちるものを使えば良い!と汚れを深く取り去るタイプのオイルクレンジングを使うのも要注意です。

今度は皮脂が取られすぎてしまうため、余計に皮脂分泌がされて毛穴トラブルが継続してしまいます。
何にしてもバランスは大切なんですね。

できるだけ、クリームタイプのクレンジングで落とせる日焼け止め、メイク品を選ぶと毛穴トラブルになりにくくなると思います。

どうぞ、チェックしてみてくださいね。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます♪

シャレコ