シャレコレター・バックナンバー

小鼻の下の赤味、足裏の黄色みのお話です。

スキンケア相談で、小鼻の下の赤味やお顔全体の赤味に悩む方にお手入れ方法を確認してみると、共通して起こっている現象があります。

1.顔をこすり洗いしている

2.石鹸洗顔が数年続いている

3.化粧水を使っていない

4.乳液を使っている

などがほとんどです。

ところが、これらを見直してみても赤味が減らないケースがあります。

 
 
 
それは、遺伝性のものです。

遺伝性ですので、こればかりは体質なので仕方ないのですが、実は遺伝だと思っていたものが、そうでないこともあるようなのです。

足裏を見ていただくと「黄色」っぽくなっているケースがそれです。

この黄色みは、消化器系および肝臓などの不調の信号とも考えられています。

食べ物で、特定のものを食べ続けていませんか?

とお伺いすると、毎日同じものを同じ量ずっと食べ続けているという方がとても多くいらっしゃいます。

健康にいい!と聞いたからというのが理由です。

一時期、納豆が身体に良いとテレビで放送されるや納豆ばかり食べていたら肝機能不全になった!

ということも起こったりしました。

 
 
 
ちょっと足の裏の色をみてみてください。

あまり見たことがないので、元の色を知らない!という方も多いのですが、薬を飲み続けていたり、同じものをずっと食べ続けていたりすると、

肝機能が弱まっていて、黄色くなっていることがあります。

もし、心当たりがある方はお休みになってみてください。

肝臓の低迷を顔で表現すると「赤味」になるようです。

小鼻の下の赤味は、肝臓が元気になると赤味が薄くなったりもします。赤みで薬をつけて治そうと思っても治らないのは、根本のところのダメージがあるからなんですね。

身体はとても神秘的ですし、自然治癒力もあり、そして不調を伝える方法も知っています。

私たちが、顔や足に出る色味やトラブルを信号としてとらえることがとても大切なんですね。

足も黄色くなくて、でもお顔に赤味がある場合には、またぜひ肌相談ください。

お待ちしておりますね。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

          シャレコ

シャレコレター・バックナンバー

肌トラブルの原因は腸内環境の低下だった!のお話です

お肌のトラブル、特にニキビや肌荒れ(敏感肌・アトピー)に悩む方に共通する傾向があります。

1.低体温
093923

2.便秘
445211

3.パンや甘いものが好き
5db82dbd846624b76b485b5a148254d5_s

昔の日本は、流通が今ほど発展していなかったので、魚にしても干物だったりしていました。

食べ物も固いものが多く、しっかり噛まないといけない環境だったのが、最近では粉ものの食事が増え、良くかまずに飲み込めてしまう傾向があるようです。

言われてみれば、私もあまり噛まずにゴクっとしてしまうタイプです。

さらに、甘くて美味しいもの(チョコレート、ケーキ、アイスクリームなど)がたくさんあって、本当に幸せな時代だなーと思います。

ところが、これらの食べ物には常用性があるらしく、食べないとイライラしたり、集中力がなくなったりします。

子供の不登校の原因の一つに、この甘いものが原因ではないか?という説もあるそうです。

また、最近よく耳にするのが腸環境を悪くする原因にトランス脂肪酸も影響がある!ということです。

特にカレーのルーは、私たちの時代には小麦粉にカレー粉を混ぜてつくっていましたが、今やルーという固まりでポンと入れるだけで手間がかからずに済みます。

このルーも脂の塊のようで、鍋にこびりつきますよね。中性洗剤で洗おうと思ってもこの脂がヌルヌルと取れないというご経験をなさったことあるかと思います。

それが、自分の腸の中でも起こっているのか?と考えるとどうでしょう。

350001

こういった形で腸環境が悪くなると、ニキビ、肌荒れ、さらにはアレルギー、花粉症。アトピーというようになっていくのでしょう。

また、当たり前のように言われていますが、「睡眠不足」がものすごく影響を及ぼしていると考えられます。

腸から栄養を吸収するのに、おそらく7時間はかかるのではないかと思います。

そのため、睡眠時間が短い人ほど乾燥肌だったり、ニキビが多発したりしてい
のです。

腸をキレイにすれば、お肌もよくなる「腸美人=美肌」なんでしょうね。

腸内環境を見直してみたいという方は、ハーバード大学医学部の小島准教授がオススメしているコトハスティーもよかったら試してみるのもいいかも知れませんね。

http://cotohastea.shop31.makeshop.jp/shopdetail/002000000001/

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

          シャレコ

シャレコレター・バックナンバー

遺伝子検査で、肌のトラブルが予想できる?!のお話です。

545ed1f61f2805359c01f7d736575c55_s

シャレコのオフィスの向かい側には、スポーツジムが入っています。そのスポーツジムは、パーソナルコーチがついてのダイエットなどもされています。そこに「この人がなぜ肥満になってしまうのかがわかる」という遺伝子検査キットがあって、そのキットでは、美肌遺伝子までわかるそうなのです。興味を持った私はさっそくトライ!

そして、2週間後に来たレポートを見てビックリ。私はシミ遺伝子がものすごく多いということが判明したのです。
50歳になってもテニスはするし、日光にも当たってしまうので、日焼けによってのシミはテーマでした。

日焼け止めも肌に悪くない素材を選んでつくったUVプロテクトを丁寧につけて、ちゃんとケアして日焼けせずにいられているのに、なぜか細かいシミが増えると思っていたんです。老化なのか?とあきらめモードでしたが、その遺伝子検査の結果をみて、「なるほど、シミができやすい遺伝子を持っていたんだ!」ということで腑に落ちました。
インストラクターの方のお話によると、
「最近では、遺伝子検査による化粧品なども出回っているようだけれど、このシミ遺伝子の持っている場合、化粧品や何かをつけてよくなるというものではないんですよ。
自分自身の細胞を傷つけないための、食事の割合と方法が大切なんです。」と教えてくださいました。目からウロコでした。

食事のバランス、血糖値を上げない食べる順番などがあるそうなのです。
私は、目の前に出されたものは、嫌いなものから先にパクパク食べて、あとは好きなものを堪能する食べ方でずっと生きてきましたが、その法則に沿って順番どおりに食べると細胞を傷つけないそうなのです。
まだそのお話を聞いたばかりで、一度指導を受けようかと思っています。

その食べ方をしていれば、もしやシミも出にくくなるのか?そう感じました。
これからいろいろ勉強&研究してみたいと思います。

109978
support@shareco.co.jp

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。