シャレコレター・バックナンバー

肌トラブルの原因は腸内環境の低下だった!のお話です

お肌のトラブル、特にニキビや肌荒れ(敏感肌・アトピー)に悩む方に共通する傾向があります。

1.低体温
093923

2.便秘
445211

3.パンや甘いものが好き
5db82dbd846624b76b485b5a148254d5_s

昔の日本は、流通が今ほど発展していなかったので、魚にしても干物だったりしていました。

食べ物も固いものが多く、しっかり噛まないといけない環境だったのが、最近では粉ものの食事が増え、良くかまずに飲み込めてしまう傾向があるようです。

言われてみれば、私もあまり噛まずにゴクっとしてしまうタイプです。

さらに、甘くて美味しいもの(チョコレート、ケーキ、アイスクリームなど)がたくさんあって、本当に幸せな時代だなーと思います。

ところが、これらの食べ物には常用性があるらしく、食べないとイライラしたり、集中力がなくなったりします。

子供の不登校の原因の一つに、この甘いものが原因ではないか?という説もあるそうです。

また、最近よく耳にするのが腸環境を悪くする原因にトランス脂肪酸も影響がある!ということです。

特にカレーのルーは、私たちの時代には小麦粉にカレー粉を混ぜてつくっていましたが、今やルーという固まりでポンと入れるだけで手間がかからずに済みます。

このルーも脂の塊のようで、鍋にこびりつきますよね。中性洗剤で洗おうと思ってもこの脂がヌルヌルと取れないというご経験をなさったことあるかと思います。

それが、自分の腸の中でも起こっているのか?と考えるとどうでしょう。

350001

こういった形で腸環境が悪くなると、ニキビ、肌荒れ、さらにはアレルギー、花粉症。アトピーというようになっていくのでしょう。

また、当たり前のように言われていますが、「睡眠不足」がものすごく影響を及ぼしていると考えられます。

腸から栄養を吸収するのに、おそらく7時間はかかるのではないかと思います。

そのため、睡眠時間が短い人ほど乾燥肌だったり、ニキビが多発したりしてい
のです。

腸をキレイにすれば、お肌もよくなる「腸美人=美肌」なんでしょうね。

腸内環境を見直してみたいという方は、ハーバード大学医学部の小島准教授がオススメしているコトハスティーもよかったら試してみるのもいいかも知れませんね。

http://cotohastea.shop31.makeshop.jp/shopdetail/002000000001/

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

          シャレコ

シャレコレター・バックナンバー

遺伝子検査で、肌のトラブルが予想できる?!のお話です。

545ed1f61f2805359c01f7d736575c55_s

シャレコのオフィスの向かい側には、スポーツジムが入っています。そのスポーツジムは、パーソナルコーチがついてのダイエットなどもされています。そこに「この人がなぜ肥満になってしまうのかがわかる」という遺伝子検査キットがあって、そのキットでは、美肌遺伝子までわかるそうなのです。興味を持った私はさっそくトライ!

そして、2週間後に来たレポートを見てビックリ。私はシミ遺伝子がものすごく多いということが判明したのです。
50歳になってもテニスはするし、日光にも当たってしまうので、日焼けによってのシミはテーマでした。

日焼け止めも肌に悪くない素材を選んでつくったUVプロテクトを丁寧につけて、ちゃんとケアして日焼けせずにいられているのに、なぜか細かいシミが増えると思っていたんです。老化なのか?とあきらめモードでしたが、その遺伝子検査の結果をみて、「なるほど、シミができやすい遺伝子を持っていたんだ!」ということで腑に落ちました。
インストラクターの方のお話によると、
「最近では、遺伝子検査による化粧品なども出回っているようだけれど、このシミ遺伝子の持っている場合、化粧品や何かをつけてよくなるというものではないんですよ。
自分自身の細胞を傷つけないための、食事の割合と方法が大切なんです。」と教えてくださいました。目からウロコでした。

食事のバランス、血糖値を上げない食べる順番などがあるそうなのです。
私は、目の前に出されたものは、嫌いなものから先にパクパク食べて、あとは好きなものを堪能する食べ方でずっと生きてきましたが、その法則に沿って順番どおりに食べると細胞を傷つけないそうなのです。
まだそのお話を聞いたばかりで、一度指導を受けようかと思っています。

その食べ方をしていれば、もしやシミも出にくくなるのか?そう感じました。
これからいろいろ勉強&研究してみたいと思います。

109978
support@shareco.co.jp

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

シャレコレター・バックナンバー

「止まらない唇の皮むけ、その原因がなんと!!」のお話です

131888

洒落っ娘クラブでご紹介している、足裏の先生から「唇の皮むけは、胃腸の不調からきている!」と教わり、それ以降、唇の荒れに悩む方に同じヒアリングをしてきました。

それは、

「何か同じものを毎日欠かさず食べていませんか?」ということをヒアリングするのです。

すると、ほぼ8割の方が、「あー、そういえば食べています。」という答えが返ってきます。

「健康にいいと聞いたので、2年くらい続けていました。」
「大好物で毎日食べないといられない!」とのことでした。

その中で、多い回答がチョコレートでした。

チョコレートについては、「チョコレート依存症」という言葉があるように、かなり慢性的に食べたくなってしまうようです。

■カフェイン ■テオブロミン ■エンドルフィン ■フェネチルアミン  ■アナンダマイド

など、気分を高揚させたり、幸せと感じる作用のある成分に似た物質が入っているそうなのです。

それが、「与えられているときはハッピーだけど、それがなくなると欲しくなる!」
この構造が出来上がっていると考えられます。

そもそもチョコレートを食べて「幸せになる」「幸せを感じる」ということは、かなり根本に解決できない悩み、心のストレスを感じているのだと思われます。

そう言えば私も疲れている時に、自然とチョコレートに目が行きます。

カカオ分が多い多いチョコレートは健康に良いと言うお話もあるので、必要な場合もあるのでしょうが、もし「食べ過ぎだな?」と思い当たるようでしたら、見直ししてみるといいかも知れませんね。

また、身近な方でずっと唇の皮むけに悩んでいらっしゃる方がいたら、ぜひ同じものを食べ続けていないか?を聞いてみてください。

ただ、それが原因かもと認識したところで、そこからが大変です。
自分の意志だけでは、なかなか止められません。

やはり、心の奥底に潜んでいる根本原因を掘り返さないといけないと思います。

もし、この記事に何か心あたりがある方は、いつでもご相談ください。
t-kitabayashi@shareco.co.jpまで

件名に「唇の荒れ相談」、本文にお名前、唇の状況などをご入力の上、上記メールアドレスまで送信ください。お待ちしております。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 

<西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

 

「唇の皮むけは、胃腸の不調からきている!」足裏の先生のおっしゃるとおりです。

もう少し補足すると、胃に炎症が起きている時、唇は荒れやすく皮むけが起こりやすいです。

内臓器官は、単独ではたらいているわけではありません。
密接に関係し合っています。

ちなみに胃腸と口、唇の他に心臓と舌、肝臓と目、肺と皮膚、腎臓と耳がつながっています。

皮膚が乾燥すると皮がめくれます。熱があったり水分が不足していると乾燥します。
唇の乾燥や皮むけは胃の熱が伝わってあらわれたものと説明ができます。

胃に熱があると、唇の皮むけやアレの他に次のような症状が現れます。

・空腹時に胃に不快感がある
・すぐにお腹が空き、何か少しでも飲食すると落ち着く
・胃潰瘍、慢性胃炎と診断されたことがある
・口内炎ができている
・口が臭い
・冷え性なのに冷たいものが好き

こんな時、食べてはいけないものが辛いものです。
辛いものには、熱を生むはたらきがあります。
胃に熱がある時に辛いものを食べるのは、火に油を注ぐようなもの。
いくら唇にリップクリームを塗っても焼け石に水です。

また胃腸を傷つけやすい甘いもの油っぽいもの冷たい飲み物、食べ物、アルコールはひかえましょう。

胃に熱があるときは、胃の熱を冷ます食物を摂ることをおすすめします。

胃の熱を冷ます食物
苦味のあるもの
ゴーヤ、緑茶、抹茶、クマザサエキス、タンポポコーヒーなど

水分の多い野菜を果物
トマト、ナス、キュウリなどの瓜類
スイカ、メロン、リンゴ、キウイ、マンゴーなど