シャレコレター・バックナンバー

「もう始まっている肌の乾燥?!」のお話です。

ほんの少し秋の気配を感じられるようになりました。

すると、「そろそろ肌の乾燥が気になります。」というお声をよく頂きます。

気温差もそうなのですが、夏の間に受けた紫外線の影響によって、肌がインナードライに傾きかけていた時に、秋の風が吹き、涼しくて気持ちいいけれど、肌には刺激に…となってしまいます。

そこで、お手入れアレンジ例をいくつか挙げます。

もし、肌の乾燥を感じ始めたら

————————————————-

▼朝の洗顔を1日?2日ほどお休みしてみる

→一日の始まりで、皮脂が取られすぎてしまうと、日中はどうしても乾燥を感じやすくなります。

 

▼UVカット剤が、SPF30以上のものをお使いの場合は、SPF10程度のものに切り替える

→クレンジングの時に負荷がかかっていると思われます。

 

▼化粧水の回数を1?2回増やす

→インナードライな肌は、保湿剤よりも保水する方が変化が早くなります。

 

▼カサカサのところに洗顔後すぐに、保湿剤に化粧水をほんの1.2滴まぜたものを薄くつけてから普段どおりのケアをする

→ダメージ部分の回復を促す方法として用います。

 

—————————————————–

 

皮ムケた皮膚をつなぐためには、シャレコクリームが効果的で、カサカサさをなくし、肌表面をしっとりさせるには、シャレコSPクリームを使うようにされると、回復が早まります。

 

【シャレコクリーム】

http://www.shareco.co.jp/care_cream.htm

【シャレコSPクリーム】

http://www.shareco.co.jp/care_SPcream.htm

また、場合によっては単なる乾燥ではなく、肌が荒れてボロボロという場合には、ご一報ください。

ケアの仕方を確認しながら、トラブルを軽減していく方法をご案内させて頂きます。

肌相談は、件名に「乾燥肌相談」と入力の上、お名前年齢、肌のトラブル状況をできるだけ詳しく記入してお送りください。

またのご連絡をお待ちしております。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 

シャレコ

シャレコレター・バックナンバー

「秋にダメージを残さない肌ケア方法」のお話です。

今年の夏は、気温差も激しく、紫外線も強烈で、かなり肌にダメージを受けやすくなっています。

ものすごい紫外線に当たった場合、いくら日焼け予防剤をしっかりつけていても、肌表面の水分がどんどん逃げていくため、肌が乾燥しやすくなります。

乾燥だけならいいのですが、痒くなったり、赤くプツっとしたものが出てくることもあります。

直接的に、日に当たらないように帽子をかぶっていたとしても、反射光があっちこっちから肌に届き、肌の水分を奪っていきます。

このような状態になった時、まずは「冷やすこと」が大切です。

この「冷やし」をするのとしないのとでは、肌の回復スピードが変わってきます。

「冷やし」をする場合、水に直接触れないほうがいいので、濡れタオルとかで冷やすのではなく、凍らせた保冷剤にガーゼをまいて肌にそっと当てていくといいでしょう。

これをまめにしておくと、熱で放出されてしまう肌の水分蒸散を防御できます。

そして、一番大切なのは保水です。洒落っ娘クラブの動画でもご案内したように、冷やしローションをつければなおいいですね。

さらにダメージのあるときには、皮脂が出るよりも早く水分が逃げだしてしまいますから、マカデミアスキンケアオイルをつけて保護しておくといいでしょう。

★肌のリカバリーに…

http://www.shareco.co.jp/care_oil.htm

皮膚がむくんだり、水ぶくれができたり、といった重度でなければ、上記の方法でケアすることで肌の戻りが早くなります。

これから油断ならない残暑がやってきます。ぜひ、この情報をお役立てください。

いつもお読みくださりありがとうございます♪
シャレコ

シャレコレター・バックナンバー

「季節の変わり目、スキンケアのポイントは?」のお話です。

残暑が厳しい日が続いていますが、もうしばらくすると、
突然ぐっと気温が下がり始め、本格的な秋に突入すると
思われます。

お肌が敏感な方は、秋になる前にどうも調子がおかしいという
感覚が出るのですが、特にトラブルがないお肌だとしばらくは
急激な変化にうまく対応できてしまいます。

ところが、10月くらいになると、頑張っていた肌が疲れて
きて、だんだんと「何だか肌が低迷してきたな?」と感じます。

それだと少し遅いので、その前に気をつけたいことをお知らせ
しますね。

【低迷兆候のサイン】

・目元のつっぱり感

・頬の軽いカサつき

・白いブツブツができてくる

・肌がザラザラしてくる

【9月からのスキンケアのポイントは?】

1.洗顔時の泡の量を気持ち多くする

⇒泡で汚れを短時間でくるみ込むため

 

2.目元や頬に泡を乗せている時間を5秒ほど短くする

⇒時間が長くなるほど、この時期はつっぱり感やカサつき
になってしまうため

 

3.目元や口元には薄くエッセンスをつける

⇒アミノ酸を補うことで、低迷を防ぎます

 

4.化粧水のつける回数を、今までつけていた回数より
プラス1回多くつける

⇒肌の水分量を高めるため

 

5.クリームだけで足りないと思ったらTTQオイルEXまたは
SPクリームを部分的に少量補う

⇒少し補って調子がよくなったら、またシャレコクリーム
だけに戻します。本格的な秋?冬になりましたら、これら
のアイテムを上手に使って、乗り切ってください。

また、オイルパックはこの時期オススメです。

洗顔後すぐにTTQオイルEXを、カサツキや白いブツブツ、
ザラザラのところに薄くつけて、その上にあらかじめカットして
おいたラップを貼ります。

10分ほどしましたら、軽く2.3回水のようなぬるま湯で洗い
流します。

その後は、いつもどおりにエッセンス⇒ローション⇒シャレコ
クリーム⇒乾燥を感じる箇所にTTQオイルEXまたはSP
クリームを少量薄くつけます。

このパックを1週間のうち3回ほどお試しください。

★TTQオイルEX

http://www.shareco.co.jp/care_oil.htm

★シャレコSPクリーム

http://www.shareco.co.jp/care_SPcream.htm

もし、この方法を行っても改善が見られない場合には、サポート
までご相談ください。

support@shareco.co.jp

またのご連絡をお待ちしております。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます♪

                              シャレコ