シャレコレター・バックナンバー

肌に化粧品がしみたり、かゆくなってきたらのお話です

急に気温が変化してきているので、肌の乾燥や赤味が出た、化粧品をつけるとしみたり、かゆくなって来た!というご相談が増えてます。

その要因として挙げられるのが、

1.洗顔時のお湯の温度が少しあがっている

2.ゴワゴワが気になり、さすってしまっている

3.化粧水の回数が少ない

4.SPFが高く、ケミカル処方のものを使っている

などが主な原因と考えられています。

そこで、対処方法をご案内します。

————

●乾燥を感じる

→3日ほど、夜はクレンジングのみで洗顔料を使わなくする。

これで、かなり乾燥しずらくなります。

————

●赤味が出た

→皮膚の中で炎症が起こっている可能性があります。皮膚をできるだけさすらないようにすることと、乳液を使っている方は使用を控えます。

肌の炎症による赤味でお悩みの方は、五行草クリームがお肌に合う場合がありますので、一度試されるといいですね。

★ご希望の方は、サポートまで連絡ください。

————

●化粧品がしみる

→化粧水を水で薄めてつけるようにします。クリーム類を少量の化粧水で薄めてからつけます。

★それでもしみてしまう場合には、サポートまでご連絡ください。

————

●かゆくなってきた

→朝も晩も洗顔フォームなどは使わずに素洗いにしてみる。化粧水や美容液などは浸透が良いため、余計かゆみにつながることがあるので、化粧水や美容液は休んでクリームなどの保湿剤をつけてケアをする

★それでもかゆみが良くならない場合には、サポートまでご連絡ください。

————

サポートへの無料相談は、お名前、お肌の状態を入力の上、下記まで送信願います。

109978 support@shareco.co.jp

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

シャレコ

 

<西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

「しみる」「かゆみ」このキーワードから、気(目に見えないエネルギー)の不足、血の不足が考えられます。

「しみる」や「かゆみ」といった刺激を感じやすいことから、気のはたらきのひとつである防御作用の低下が考えられます。

私たちのお肌は、お肌の表面を目に見えないベールで包まれています。防御作用が低下すると、隙間だらけのベールのため、さまざま邪気(紫外線、ほこり、暑さ、寒さ、乾燥など)がお肌を刺激増す。
刺激によって感じるのが「しみる」や「かゆみ」です。

また気には、固摂作用と言い引き締めるはたらきもあります。
クリームのないミルフィーユの層を重ねても隙間だらけで安定しません。
引き締めるはたらきが低下すると、お肌の一番外側の角質細胞がバラバラとめくれやすくなります。

すると、乾燥した空気が入りやすく、そこからお肌が乾燥し悪循環を招きます。

もうひとつ考えられることが、血の不足です。お肌の細胞は血によって生まれます。自分の体にとって必要な血が不足すると、身体の一番外側に位置する皮膚に影響が及びます。

その影響のひとつが、未成熟な肌細胞です。
お肌はミルフィーユの層のようにお肌の深部から表面に向って層になっています。

重なりなっているはずにもかかわらず、細胞が未成熟なため、お肌に隙間ができてしまうのです。
隙間があると、お肌は刺激を感じやすくなり「しみる」や「かゆみ」といった症状が起こります。

角質細胞のめくれは、気血の不足によるものばかりではありません。
秋という季節がら空気は乾燥します。パンをそのままおいて置くと乾燥してパサパサになりなす。
お肌もしっかり、水分油分を補給しておかないと乾燥して角質のめくれにつながります。

一時的な気血の不足は肉体的疲労が考えられます。
慢性的な気血の不足は、精神的疲労の他、胃腸のはたらきの低下などが考えられます。

気血が充実していれば、精神的疲労を克服することができます。
よって胃腸を健康に保つことが、健康なお肌への近道につながります。

 


シャレコレター・バックナンバー

「お肌を褒められました!!」のお話です。

この時期、乾燥が始まりやすくなります。

特に今年は気温の上下が日ごとの単位で変動するので、昨日まで調子よかったのに、急に冷え込んできて、肌がカサカサしてきた!ということになりやすいようです。

また、エアコンの暖房をかけたり、ストーブなどの温風に当たることで、肌の水分が蒸散しやすくなり、いつもより潤いにくくなるということも起こってきます。

肌がカサカサしてきたのだけれど、あまり保湿剤をつけすぎると顔がくすんだりして、

良くないかな?と思ってしまって、我慢してしまうケースことはありませんか?

やはり我慢が続いてしまうと、インナードライ(肌の内側の乾燥)になりやすいので、そこはムリせずに保湿を行ってください。

ただ、保湿を強化する前に、洗い方やクレンジングの工夫で乾燥が良くなることもあるので、下記の3ステップでケアするといいですね。

ステップとしては、

1.素洗いにする

2.お湯の温度をさらに下げて洗う

3.クレンジングだけで洗う

4.ローションの前にSPクリームを薄くつける

 

☆SPクリーム

http://www.shareco.co.jp/sp/item/spcream.html

この4つを行うだけでも、肌の乾燥がすぐに落ち着くようになります。

もし、これらを行ってみても、乾燥が良くならない場合には、至急ご連絡ください。

【肌の乾燥トラブル相談】

件名に「肌の乾燥トラブル相談」、お名前、乾燥が始まった時期、今のお手入れ方法を入力の上、

support@shareco.co.jpまでご連絡ください。

冬に潤い肌で過ごせるようになれば、エイジレスな肌づくりができるようになります♪

先日も、メンバーさまからお電話で、「シャレコを使って8年、気づいてみると周りの人から同年代の人より若いですね、と言われる肌になってきました。

最初は乾燥肌でどうしようもなかったのですが、ただこうして続けてきただけでこんなに違うものなんですね。

「本当にシャレコさんには感謝しています。」

という嬉しいお話を頂きました。

私自身ものすごい乾燥肌で、バスのピンポーンという音に反応して振り向いた時に頬にパキパキと亀裂が入ったように痛みを感じたことがありましたが、長年のお手入れの積み重ねで、今や跡形もなく多少のつやも出るようになってきました。

肌のトラブルが減ると、手間やトータルコストも節減できます。

そして、満足いく肌で過ごせ、時に褒められて♪となると、とてもハッピーですよ。

さんも、シャレコのお手入れできっとそのようになって頂けていることと思います。

さらに、エイジレスな肌を目指して頑張りましょう♪

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

シャレコ

<西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

 

シャレコレターにある、
「年齢と共に潤い成分が逃げだしやすくなるのと同時に、身体の中から水分を生む力も弱くなり、さらに水分を抱える力も弱くなる」

について、体の中でどんなことが起こっているのか?内臓を通してインナードライをみてみましょう。

「潤い成分が逃げ出しやすくなる」というのは、気(目に見えないエネルギー)の不足が考えられます。
気には防御作用や収斂作用があります。

気が十分満たされていると、お肌は目に見えないラップで覆われているのと同じ状態にあります。
空気が乾燥していても簡単にお肌は乾燥しません。

気が不足し収斂作用が弱くなってくると、引き締める力が弱く毛穴が緩みやすくなります。
よってお肌の水分は蒸発しやすくなるのです。

「水分を生む力が弱くなる」のは、胃腸のはたらきの低下が考えられます。

本当なら飲食したものを変化させて、体の内側からお肌を潤すことができます。

まず飲食したものを胃でミキサーのようにドロドロにします。
そのドロドロから血のもととなるエッセンスを水蒸気のように肺へ送ります。

肺は身体上部に位置し、シャワーのように全身を潤すというイメージです。

お腹からチャポチャポ音が聞こえることはありませんか?
こんな時、飲食した水分が胃に停滞しています。
いくらお肌を潤そうと水分を摂っても、胃に負担がかかるだけです。

気が不足すると、飲食した水分を変化させ肺へと送ることができません。

体内の水分が少なければ、お肌を潤すこともできません。
これがインナードライの要因です。

また肺から全身に水分を送る時、噴水のようにシュワっ!と体内で肺から水分が全身に向って発散します。
この時の水圧が低いと、身体の一番外側に位置する皮膚まで水分が届きません。

体内の水分が少なければ、常にお肌は乾燥傾向に傾きます。
このような状態の時、化粧水をたっぷりつけてもすぐにお肌は乾燥してしまいます。

一見関係なさそうな胃腸の健康とインナードライ。
実は、お肌にとって胃腸の影響はとても大きいのです。

 

シャレコレター・バックナンバー

「年年乾燥がひどくなる肌」のお話です。

肌が乾燥するということは、内臓脂肪がつきやすかったり、心臓病や肝臓、肺、子宮などの病気にも関連すると考えられています。

ですので、体調に原因があるかも知れない!という意識を持った上で、皮膚コンディションとしては、角質層からの水分蒸発を防いで、肌を潤す栄養成分をしっかり取ることが大切です。

バランスのよい食生活はもちろん、ビタミンA(レチノール、カロテン)やセラミドなど、肌のかさつきを予防する脂質がうまく排出されるようにすることで予防できます。

■摂りたい食材:しょうが、にんにく、パセリ、緑黄色野菜、海苔、ワカメ、かぶ、大根など

■避けたい食材:肉、卵、乳製品など動物性食品と甘いもの、アルコールです。

アルコールの摂取量を減らしただけで、肌の乾燥が落ち着くケースはよくあります。

ぜひ、コントロールして、乾燥しずらい肌づくりをしていってくださいね。

<西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

シャレコレターにある、
「年齢と共に潤い成分が逃げだしやすくなるのと同時に、身体の中から水分を生む力も弱くなり、さらに水分を抱える力も弱くなる」

について、体の中でどんなことが起こっているのか?内臓を通してインナードライをみてみましょう。

「潤い成分が逃げ出しやすくなる」というのは、気(目に見えないエネルギー)の不足が考えられます。
気には防御作用や収斂作用があります。

気が十分満たされていると、お肌は目に見えないラップで覆われているのと同じ状態にあります。
空気が乾燥していても簡単にお肌は乾燥しません。

気が不足し収斂作用が弱くなってくると、引き締める力が弱く毛穴が緩みやすくなります。
よってお肌の水分は蒸発しやすくなるのです。

「水分を生む力が弱くなる」のは、胃腸のはたらきの低下が考えられます。

本当なら飲食したものを変化させて、体の内側からお肌を潤すことができます。

まず飲食したものを胃でミキサーのようにドロドロにします。
そのドロドロから血のもととなるエッセンスを水蒸気のように肺へ送ります。

肺は身体上部に位置し、シャワーのように全身を潤すというイメージです。

お腹からチャポチャポ音が聞こえることはありませんか?
こんな時、飲食した水分が胃に停滞しています。
いくらお肌を潤そうと水分を摂っても、胃に負担がかかるだけです。

気が不足すると、飲食した水分を変化させ肺へと送ることができません。

体内の水分が少なければ、お肌を潤すこともできません。
これがインナードライの要因です。

また肺から全身に水分を送る時、噴水のようにシュワっ!と体内で肺から水分が全身に向って発散します。
この時の水圧が低いと、身体の一番外側に位置する皮膚まで水分が届きません。

体内の水分が少なければ、常にお肌は乾燥傾向に傾きます。
このような状態の時、化粧水をたっぷりつけてもすぐにお肌は乾燥してしまいます。

一見関係なさそうな胃腸の健康とインナードライ。
実は、お肌にとって胃腸の影響はとても大きいのです。