シャレコレター・バックナンバー

小鼻の下の赤味、足裏の黄色みのお話です。

スキンケア相談で、小鼻の下の赤味やお顔全体の赤味に悩む方にお手入れ方法を確認してみると、共通して起こっている現象があります。

1.顔をこすり洗いしている

2.石鹸洗顔が数年続いている

3.化粧水を使っていない

4.乳液を使っている

などがほとんどです。

ところが、これらを見直してみても赤味が減らないケースがあります。

 
 
 
それは、遺伝性のものです。

遺伝性ですので、こればかりは体質なので仕方ないのですが、実は遺伝だと思っていたものが、そうでないこともあるようなのです。

足裏を見ていただくと「黄色」っぽくなっているケースがそれです。

この黄色みは、消化器系および肝臓などの不調の信号とも考えられています。

食べ物で、特定のものを食べ続けていませんか?

とお伺いすると、毎日同じものを同じ量ずっと食べ続けているという方がとても多くいらっしゃいます。

健康にいい!と聞いたからというのが理由です。

一時期、納豆が身体に良いとテレビで放送されるや納豆ばかり食べていたら肝機能不全になった!

ということも起こったりしました。

 
 
 
ちょっと足の裏の色をみてみてください。

あまり見たことがないので、元の色を知らない!という方も多いのですが、薬を飲み続けていたり、同じものをずっと食べ続けていたりすると、

肝機能が弱まっていて、黄色くなっていることがあります。

もし、心当たりがある方はお休みになってみてください。

肝臓の低迷を顔で表現すると「赤味」になるようです。

小鼻の下の赤味は、肝臓が元気になると赤味が薄くなったりもします。赤みで薬をつけて治そうと思っても治らないのは、根本のところのダメージがあるからなんですね。

身体はとても神秘的ですし、自然治癒力もあり、そして不調を伝える方法も知っています。

私たちが、顔や足に出る色味やトラブルを信号としてとらえることがとても大切なんですね。

足も黄色くなくて、でもお顔に赤味がある場合には、またぜひ肌相談ください。

お待ちしておりますね。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

          シャレコ

シャレコレター・バックナンバー

肌断食の後遺症?のお話です。

肌断食とは、洗顔は素洗いまたは石鹸で洗うのみ、あとは何もつけないお手入れ法をするというものが主流ですが、

その後のお肌トラブルのご相談が急増しています。

もちろん、化学製品である化粧品をつけないのが、本来であれば一番なのでしょうが、

それは昔のように環境破壊も少なく、有害な紫外線も注がず、エアコンなどもない時代でしたら、その方法はベストだと思っています。

しかし、現代は紫外線も昔と比べて想像もできないくらい影響を受けたり、エアコンの普及により肌を乾燥させる環境が整っている中、

自分の肌の力だけではどうにもならない方がほとんどです。
 
 
 
そんな中で、一気に化粧品の使用をやめて頑張って、その結果が「赤ら顔、
赤や茶色のまだらな肌、乾燥、皮が剥け続ける、黄色いカサブタができる」ということになり、

ご相談に駆け込まれます。

元々皮脂の量が多い方は、肌断食は成功しやすいです。それから、お若い方(24歳くらいまで)もうまく行く人も多くいらっしゃいます。

ただ、私はこれまで数万人のお肌相談をお受けしているので、肌断食の後の老化スピードの速さも知っています。

 
 
【こんなトラブルが…】 
 
肌断食後、ワセリンなどで保湿していただけの方は、肌のくすみ、ゴワつき、シワやたるみで悩むケースがとても多いです。

ワセリンでの保湿もなく、何もつけていない方々は深いシワで悩まれています。

私はいつも、シャレコのポジションは、ケミカル(化学物質)的なものからオーガニックに行く中間点にあるのだとお話します。

ケミカルに慣れた肌は、いきなりオーガニックに行けない!というのがわかっているからです。

「シャレコでお手入れを続けて肌が元気になり、コンディションがよくなって、

これでオーガニックにしてみようと思って行ったらダメで!またシャレコさんにお世話になります!」

というお話をよくいただきます。

このようになる方々の肌質は、元々小さい頃から肌が乾燥しやすかったり、皮膚が薄かったりします。
 
 
 

私も化粧品の開発の最終形は、完全オーガニックで今もずっと研究中です。

その実現のためには、このシャレコのポジションである中間点からどうステップを踏めば、そこに行けるのか?

というところです。

肌断食は決して悪いことではないですが、環境が許さない現実とのはざまで、どうケアをするのがベストなのかを見極めることだと思っています。

化粧品選びに困っている、迷っている、肌断食から回復できずにいるという方は、いつでもご相談ください。

件名に「肌断食後のケア」と入力をし、今の肌状況などお悩みを本文に入れて
support@shareco.co.jp サポートまでご連絡ください。

お待ちしております。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

          シャレコ

シャレコレター・バックナンバー

お尻の黒ずみの対処法のお話です

デスクワークで何時間もイスに座る生活を何年もしていると、お尻に黒ずみが出てしまい、悩んでいる人が多いです。

特に、イスと皮膚に挟まれたショーツの縫い目部分は、どうしても擦れたり、圧迫されるため皮膚が厚くなったり、色素沈着してしまうのです。

そんな黒ずみが、シャレコクリームでケアをすることで改善が見られています!

もしお尻の黒ずみがあるようでしたら、ぜひお試しになってみてください。

早い人ですと、2~3週間で黒ずみがだんだん薄くなるのを実感されています。

春が過ぎて、夏になり水着になる機会が多くなるまでに、今からのケアをされるといいですよね。

■シャレコクリーム

これからも、黒ずみに悩む方がこのシャレコクリームで改善されて喜んでいただけると嬉しいです。

また、座る位置を頻繁にずらすのも黒ずみ対策に効果的だと考えられています。

たいてい同じ位置になりますので、時々浅く腰かけたり、深く腰かけたり、左右にずらしたりすると良いようです。

しかし、人間の体はあるポジションで、フワっと軽くなる瞬間があることが知られています。

それは、丹田(ヘソ下に人差し指、中指、薬指を当てたその下あたり)を意識してから、肩を思いっきり持ち上げて、そっと肩を下してを繰り返し5回くらい行い、

力がふっと抜けたところで座ると、他人から押されてもビクともしない位置があり、そこで座ることで予防ができると考えられています。

ぜひ、このポジションをつかんでみてください。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

シャレコ